将棋

産経WEST

藤井六段、夕食の“勝負めし”は「玉子丼」 |将棋

  • 大阪市福島区の関西将棋会館で18日午前10時に始まった将棋の最年少プロ、藤井聡太六段(15)と船江恒平六段(31)による竜王戦5組ランキング戦準決勝
  • ・・・
  • 先手の船江六段、後手の藤井六段いずれの玉も相手の駒がせまっており、油断すれば命取りになる状況だ
  • ・・・
  • 午後6時に夕食休憩に入り、藤井六段、船江六段いずれも関西将棋会館近くの「やまがそば福島店」からの注文
Yahoo!ニュース

佐藤天彦名人、羽生善治竜王を下し2勝2敗のタイに/名人戦七番勝負 |将棋

  • 将棋の第76期名人戦七番勝負第4局が5月19、20日の2日間、福岡市の「アゴ−ラ福岡山の上ホテル&スパ」で行われ、佐藤天彦名人(30)が羽生善治名人(47)に79手で勝利し、七番勝負の成績を2勝2敗のタイとした
  • ・・・
  • 佐藤名人は防衛すれば3期連続、羽生竜王が奪取すれば通算10期目、さらに通算タイトル100期を達成することからも注目を浴びている
  • ・・・
  • 今年度は前日まで1勝3敗と調子が上がっていない佐藤名人だが、ここ一番で力強さを見せた

藤井聡太七段「昇段早すぎ問題」が深刻! 昇段パーティが間に合わない事態に…….. |将棋

  • 史上最年少の「15歳9か月」で七段に昇進した…たった16日で「六段」昇段を決めた
  • ・・・
  • そこから90日で「七段」昇段を果たした…サンスポによると、6月10日に名古屋市内のホテルで藤井七段の昇段を祝うパーティーが開かれるという
  • ・・・
  • ただ、このパーティーはあくまでも2月の昇段を祝うものだった…藤井七段のスピード昇段に…健闘を讃えた

藤井の今後 今年度の八段昇格は厳しい道のり、竜王位獲得が条件 |将棋

  • 竜王戦ランキング戦5組の準決勝で勝利し、史上最年少の15歳9カ月で昇段し笑顔の藤井聡太七段  日本将棋連盟の定める七段の昇段規定は7つ
  • ・・・
  • 次に気になるのは、八段にどうすれば昇段できるか…規定では(1)竜王位1期獲得(2)順位戦A級昇級(3)七段昇段後、公式戦190勝の3つがある
  • ・・・
  • さらに、つわものぞろいの各組上位者11人による挑戦者決定トーナメントを勝ち抜き、挑戦者の権利を獲得する

美人棋士「将棋界のまゆゆ」香川愛生、噂の「スカートまくり上げ戦法」の真相語る|将棋

  • 藤井聡太六段の活躍でにわかに沸く将棋界を筆頭にここ数年、「おじさんたちの趣味」だと思われがちだった将棋・囲碁・麻雀の分野に美人棋士が続々登場
  • ・・・
  • 女流棋士・竹俣 紅、囲碁界から期待の新人・木本有香、“雀怒ダルク”と力強い愛称で注目される女流プロ雀士・中山百合子に続き、最後に紹介するのは女流将棋界トップの人気と実力を兼ね備えた香川愛生(まなお、25)、女流三段だ
  • ・・・
  • 香川 大学を受験してからですね…香川 あははは

羽生&羽生、園遊会で奇跡のツーショット|フィギュア/将棋

    • 天皇、皇后両陛下主催の春の園遊会が25日、東京・元赤坂の赤坂御苑で開かれ、平昌五輪で金メダルを獲得したフィギュアスケート男子の羽生結弦選手(23)と国民栄誉賞を受賞した将棋の羽生善治棋聖(47)が対面し、笑顔で握手した
    • ・・・
    • 羽生棋聖は2月に国民栄誉賞を授与された際の記者会見で、羽生選手について「読み方は違うが、漢字が同じで親近感を持っている」と話していた
    • ・・・
    • 政府は羽生選手についても国民栄誉賞を授与する方針を固めている
  • 藤井聡太六段、高校入学後3連勝 棋王戦本戦出場にあと1勝 棋王戦予選|将棋

      • 将棋の最年少棋士・藤井聡太六段(15)が4月24日、第44期棋王戦予選で大石直嗣七段(28)に勝利し、4月の高校入学後3連勝を果たした
      • ・・・
      • 予選8組の決勝に進出し、渡辺明棋王(34)への挑戦権をかけた本戦トーナメント出場まで、あと1勝と迫った
      • ・・・
      • 棋王のタイトルは、6期連続で渡辺棋王が防衛中…予選トーナメント通過者とシード者による本戦トーナメントは、ベスト4以上から「2敗失格制」という独自のシステムで行われ、敗者復活戦がある
    • 藤井六段の昼食はがっつりハンバーグ&海老フライ 棋王戦予選準決勝、早々に角交換もまだ戦いには至らず|将棋

        • 将棋の最年少プロ、藤井聡太六段(15)と大石直嗣七段(28)の棋王戦予選準決勝が24日、大阪市福島区の関西将棋会館で行われている
        • ・・・
        • 先手の藤井六段は飛車先の歩を突き、後手の大石七段は角道を開けると、早々と角交換に
        • ・・・
        • 互いに駒組みを進めており、まだ本格的な戦いには至っていない…正午の昼食休憩で藤井六段が注文したのは、関西将棋会館1階の洋食店「レストランイレブン」から、「サービスランチ」で、ハンバーグもエビフライも入った欲張りでお得なメニュー
      • 野性爆弾くっきーが『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』発売に先がけ、世界観を“銀河杯将棋”実況で表現(動画)|芸能

          • 「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」のMovieNEXが4月25日に発売される
          • ・・・
          • これに先がけて、野性爆弾くっきーが監督し、出演する映像がYouTubeにて公開された
          • ・・・
          • 映像は「実況 銀河杯将棋」と題し、くっきー演じる川島名人とライバル高橋四段による白熱の将棋バトルを描いたもの
        • 藤井六段、七段昇段へ竜王戦で船江恒平六段と対戦 5月18日に 勝てば史上最年少での七段昇段|将棋

            • 将棋の最年少プロ棋士・藤井聡太六段(15)が勝てば七段昇段が決まる竜王戦ランキング戦5組準決勝の日程が決まった
            • ・・・
            • 5月18日に関西将棋会館で船江恒平六段(30)と対戦する…日本将棋連盟が20日、発表した
            • ・・・
            • 船江は日本将棋連盟常務理事の井上慶太九段(54)の弟子で、“藤井キラー”の一門となる
          • AIを使った将棋ソフト「ポナンザ」のHEROZ上場…買い気配、値つかず|マザーズ上場

              • 人工知能を使った将棋ソフトなどを提供する「HEROZ」が20日、東京証券取引所マザーズに上場した
              • ・・・
              • 買い注文が殺到し、公募・売り出し価格(4500円)の2・3倍にあたる1万350円の「買い気配」のまま値がつかず、初日の取引を終えた
              • ・・・
              • AI関連市場への成長期待の高まりから、人気を集めた…ヒーローズは2009年設立で、現役プロ棋士を破った将棋ソフト「ポナンザ」の開発で知られる
            • 佐藤天彦名人が羽生善治竜王に勝利 1勝1敗のタイに/名人戦七番勝負第2局|将棋

                • 将棋の第76期名人戦七番勝負の第2局が4月19、20日に行われ、3連覇を目指す佐藤天彦名人(30)が羽生善治竜王(47)に勝利し、対戦成績を1勝1敗とした
                • ・・・
                • 2人の通算成績は佐藤名人の9勝7敗となった…今回、羽生竜王がタイトルを取れば通算100期ということもあり、将棋ファンの中でも“羽生名人”を期待する雰囲気もある中、2016年から名人を守る男が意地を見せた
                • ・・・
                • 第3局は5月8、9日の2日間に渡り奈良市の「法相宗大本山 興福寺」で行われる
              • 谷川浩司九段がを高見泰地六段を破り準決勝進出 第31期竜王戦4組ランキング戦、4月17日|将棋

                  • 第31期竜王戦4組ランキング戦で、谷川浩司九段VS高見泰地六段の対局が4月17日に行われ、谷川九段が87手で高見六段を破り、勝ち進みました
                  • ・・・
                  • 谷川九段は、竜王戦で4期(第3期-1990年度~4期・9期~10期)でタイトル獲得…今期は初戦で菅井竜也王位を破っています
                  • ・・・
                  • 次戦は、井上慶太九段VS増田康宏五段 戦の勝者と対局します…この対局の模様は、日本将棋連盟ライブ中継でご覧いただくことができます
                • 高見六段が金井六段に先勝 第3期叡王戦決勝7番勝負第1局|将棋

                    • 今期からタイトル戦となった叡王戦は、本戦トーナメントの決勝に進んだ両者のうちの勝者が、「叡王」の称号を得る
                    • ・・・
                    • 高見六段、金井六段ともに初タイトルを目指す…決勝7番勝負は対局により、持ち時間が異なるのが特色で、第1局は5時間で行われた
                    • ・・・
                    • 第2局は28日、福岡県宗像市で行われる
                  •  藤井聡太六段(15)の偽のサイン色紙を売ったとして、女を逮捕! 詐欺容疑!|将棋 画像と解答あり

                      • (全文は朝日新聞リンク先見てください)将棋の高校生棋士、藤井聡太六段(15)の偽のサイン色紙を売ったとして、愛知県警は12日、東京都文京区水道1丁目、派遣社員富岡恵美子容疑者(43)を詐欺の疑いで逮捕し、発表した
                      • ・・・
                      • 「小遣い稼ぎだった」と話し、容疑を認めているという…瀬戸署によると、富岡容疑者は昨年8月4日ごろ、藤井六段の偽のサイン色紙をフリーマーケットアプリ上で大阪府豊中市の会社員男性(26)に売り、5670円をだまし取った疑いがある
                      • ・・・
                      • 藤井六段は、サインとして自作の詰将棋を書くことで知られ、今回の偽物も詰将棋が書かれていた…男性は偽物と知らずにネットオークションで転売
                    • 「羽生善治竜王が史上2人目の通算1400勝達成!名人戦七番勝負第1局で佐藤天彦名人に勝利|将棋

                        • 将棋の第76期名人戦七番勝負の第1局が4月11、12日の2日間に渡り行われ、羽生善治竜王(47)が佐藤天彦名人(30)に勝利した
                        • ・・・
                        • 羽生竜王は2期ぶりの名人戦勝利で、プロ通算の勝利数で史上2人目となる1400勝を達成した…あと33勝で史上最多タイとなる
                        • ・・・
                        • また今回、名人のタイトルを獲得すると前人未踏のタイトル通算100期も達成することになる
                      • 「佐藤名人3連覇か、羽生竜王タイトル100期か」名人戦七番勝負が開幕 ファン予想は「羽生奪取」が82%|将棋

                          • 将棋の第76期名人戦七番勝負の第1局が4月11日に始まった…佐藤天彦名人(30)が防衛すれば3連覇、羽生善治竜王が奪取すれば名人は10期目、さらにタイトル通算100期を達成する
                          • ・・・
                          • タイトル戦では2度対決があり、2015年の王座戦五番勝負では羽生竜王が3勝2敗、2016年の名人戦では4勝1敗で佐藤名人が勝っている
                          • ・・・
                          • 10日の前夜祭で佐藤名人は「注目されているタイトル戦で自分の力を発揮したい」、羽生竜王は「自分なりに持っているものを悔いなく出したいと思います」とコメントした
                        • 藤井六段、最年少七段昇段へ王手! 驚異の今年3度目昇段に前進|将棋

                            • 将棋の最年少棋士、藤井聡太六段(15)が10日、東京都渋谷区の将棋会館で指された竜王戦5組ランキング戦準々決勝で阿部光瑠六段(23)と対戦し、勝利を収め準決勝に進出した
                            • ・・・
                            • 規定により、竜王戦での連続昇級による七段昇段に王手をかけた…将棋界最高峰のタイトルである竜王戦の予選で、出場棋士は決勝トーナメントへの出場枠が異なる1~6組に分かれてトーナメントを戦う
                            • ・・・
                            • 藤井は昨期6組ランキング戦で優勝し、5組に昇級した…今期も次の準決勝に勝って決勝に進めば、来期4組への昇級が決定
                          • 藤井六段、勝てば最年少七段にあと1勝 昼食は冷やし担々麺(750円)|将棋

                              • 数々の最年少記録を更新してきた藤井六段だが、次に達成が期待されるのが「最年少での七段昇段」…昨年、竜王戦の6組ランキング戦で優勝、同5組に昇級したが、今年5組で決勝に残ると、昇段規定の1つ「六段昇段後竜王ランキング戦連続昇級または通算3回優勝」(連続昇級は、前回の昇級が現在の段位でなくてもOK)をクリアし、最年少七段が決定する
                              • ・・・
                              • 今回の対局は準々決勝のため、勝利すれば七段まであと1勝となる…竜王戦ランキング戦の持ち時間は各5時間
                              • ・・・
                            • ひふみん 藤井聡太六段に辛口のエール「研究の時間は減るから相当大変だと思う」|将棋

                                • 将棋の加藤一二三・九段(78)、元AKB48の増田有華(26)らが9日、都内で行われた「鍼灸(しんきゅう)の日」のイベントに出席した
                                • ・・・
                                • 加藤は、高校に入学したばかりの藤井聡太六段(15)に対し「高校生になっての第1局も勝ちましたね。彼は秀才ですから、これから先も大活躍するでしょう」と期待
                                • ・・・
                                • ただ「彼の高校は名門ですから、特別扱いはしてくれない。高校では勉強時間が増える。テストで70~80点取ろうと思ったら、確実に(将棋の)研究の時間は減るから相当大変だと思う」と辛口のエールを送った
                              • 藤井聡太六段が独占寄稿「悩んだ序盤、将棋ソフトが転機に」|将棋

                                  • 全棋士が参加するトーナメントで優勝し、名人戦につながる順位戦で昇級を果たした将棋の藤井聡太六段(15)
                                  • ・・・
                                  • 朝日新聞に寄せた寄稿では、研究にコンピューターを採り入れている現代的な側面や、自身を客観的に捉える冷静なまなざしがうかがえる
                                  • ・・・
                                  • 昨年度は、順位戦昇級、朝日杯優勝という結果を出すことができた…朝日杯では、早指しとはいえ羽生善治竜王や佐藤天彦名人に勝利することができ、優勝という結果を含めて手応えを得られた
                                • 藤井聡太六段、高校生活は白星スタート 古森悠太四段との熱戦制す|将棋

                                    • 将棋の最年少棋士・藤井聡太六段(15)が4月5日、棋王戦予選で古森悠太四段(22)との対局に145手で勝利し、高校進学後初の対局を白星で飾った
                                    • ・・・
                                    • 2017年度の対局数、勝数、勝率、連勝数の4部門を独占した藤井六段は、自身の最年少デビューからちょうど1年後の四段に昇段した“後輩”、古森四段と、4時間の持ち時間が少なくなっても戦況の優劣がつけにくい接戦に
                                    • ・・・
                                    • じわりじわりと差を広げ、地力に勝るところを見せつけた…通算成績は84局で72勝12敗、勝率は0.857
                                  • 藤井六段、昼食は和牛ハンバーグ(1000円)|将棋

                                      • 最年少棋士の藤井聡太六段(15)は5日、関西将棋会館で行われた棋王戦予選2回戦で古森悠太四段(22)との対局を開始した
                                      • ・・・
                                      • 藤井六段にとって、本局が今年度初の対局となる…この日の昼食には、居酒屋「内山田」の和牛100%ハンバーグ(1000円)を注文
                                      • ・・・
                                      • 古森四段も同じものを選んだ…同店は木曜日に注文することができ、藤井六段は木曜日の対局ではたびたび注文している
                                    • 「頭が真っ白になった」藤井聡太六段の連勝を止めたおじさん棋士の告白|囲碁

                                        • この一年の藤井聡太六段(15)の活躍は凄まじかった…2日に発表された2017年度将棋大賞において対局数、勝数、勝率、連勝数の記録四部門を独占(史上3人目)
                                        • ・・・
                                        • 特別賞と新人賞も受賞した…藤井六段といえば一昨年12月から昨年6月にかけて達成した29連勝だが、実は今年1月からも再び勝ち続け、16連勝まで伸ばしていた
                                        • ・・・
                                        • ところが3月28日、中学生最後の対局に臨んだ藤井六段は久々の敗北を喫した…“連勝ストッパー”は井上慶太九段(54)
                                      • 外国人女流棋士のカロリーナ女流1級がカロリーメイトと栄養スポンサー契約「日本語的なダジャレですね…」|将棋

                                          • 大塚製薬は3日、同社のバランス栄養食品「カロリーメイト」による栄養スポンサー契約を将棋界初の外国人女流棋士であるカロリーナ・ステチェンスカ女流1級(26)と締結すると発表した
                                          • ・・・
                                          • 偉大な棋士とのコラボとなるステチェンスカ女流1級だが「丸山先生とはレベルが違いすぎるので、比べられません…」と恐縮した
                                          • ・・・
                                          • 棋士が企業と契約するケースは極めて珍しいが、サラリーマンから棋士に転じた瀬川晶司五段(48)が唯一、NECと所属契約を結んでいる
                                        • <久保王将まさかの選外>最優秀棋士賞に羽生竜王、特別賞に藤井聡太六段 第45回将棋大賞|将棋

                                            • 第45回将棋大賞受賞者一覧羽生善治竜王(2年ぶり22回目)菅井竜也王位(初)豊島将之八段(初)藤井聡太六段(初)藤井聡太六段(初)藤井聡太六段73対局(初)藤井聡太六段61勝(初)藤井聡太六段61勝12敗0.836(初)里見香奈女流王座・女流名人・女流王位・女流王将・倉敷藤花(3年連続8回目)伊藤沙恵女流二段(初)伊藤沙恵女流二段41対局(初)森けい二九段青野照市九段(初)(横歩取り青野流)佐々木勇気六段(初)(横歩取り勇気流)(故)大内延介九段(振飛車穴熊を戦法に確立した工夫)(初)第30期竜王戦七番勝負第4局渡辺明竜王vs羽生善治棋聖第11回朝日杯将棋オープン戦本戦決勝藤井聡太五段vs広瀬章人八段第31期竜王戦6組ランキング戦牧野光則五段vs中尾敏之五段持将棋局
                                          •  数学が得意になれば、将棋も強くなる? 将棋の関連性に着目した将棋教室が人気|教育

                                              • 兵庫県稲美町国安のふれあい交流館で開かれている…将棋サークル「稲美野将棋倶楽部」で、対局前の子どもたちに算数の授業を行う
                                              • ・・・
                                              • 将棋にも必要な考える習慣や分析力が身に付くといい、人気を集めている…(津田和納)「先生、宿題やってきたで」
                                              • ・・・
                                              • 好きな将棋と関連付けながら学ぶことで成績が伸びたという
                                            • 羽生善治竜王が最優秀棋士賞 2年ぶり22回目 藤井六段は新人賞&特別賞|将棋

                                                • 平成29年度中に活躍した棋士を表彰する第45回将棋大賞選考会が2日、東京・渋谷区の将棋会館で行われ、最優秀棋士賞には羽生善治竜王(47)が選ばれた
                                                • ・・・
                                                • 同賞の受賞は2年ぶり22回目…羽生は昨年度、当初保持していた3タイトル中、王位と王座を失いながら、年末には竜王に復位
                                                • ・・・
                                                • 史上初の永世7冠の権利を得ただけでなく、今年2月には将棋界初の国民栄誉賞に輝いた…11日から始まる第76期名人戦では佐藤天彦名人(30)への挑戦者として登場
                                              •  現役早大生棋士の竹俣紅さんインタビュー 「師匠の森内俊之十八世名人に全面的に応援していただいてます」|将棋

                                                  • 芸能事務所に所属したのは17歳のときです…高校生になって、将棋の対局料などを自分で管理するようになり、女流棋士という職業を持っていながら経済的には全く自立できていないことに気づき、何か他に仕事を持たなければと思いました
                                                  • ・・・
                                                  • 今は芸能のお仕事でいただいたお金で、大学の授業料を全て払っています…芸能活動というと、軽く見たり非難したりする人もいるのですが、芸能のお仕事をする中で学ぶことはとても多いです
                                                  • ・・・
                                                  • 人に何かを伝えるときは、聞き取りやすい声量や発音が必要なので、伝え方の勉強もしました…芸能のお仕事で勉強したことが、大学の授業のプレゼンでもとても役に立っています
                                                •  不正疑惑晴れ、復帰1年 信じてくれたファン・棋士らの支えに感謝 藤井聡太六段についても語る|将棋・三浦弘行九段

                                                    • 一昨年十月、対局中の離席が多いとしてスマホを用いた不正を疑われ、竜王戦の挑戦取り消しと出場停止処分を受けた
                                                    • ・・・
                                                    • その後の第三者委員会の調査で疑惑は完全に否定され、昨年二月に復帰した…その後の一年について「精神的に立ち直れるかという不安との戦いだった」と口を開く
                                                    • ・・・
                                                    • 復帰直後は四連敗した…騒動の渦中の約四カ月間、とても盤に向き合う気にはなれなかった
                                                  • ページの先頭へ