NHK NEWS WEB

阪神淡路大震災の借金1兆円超 今も返済続く|兵庫

  • 将来にわたる負債の重さを示す「将来負担比率」は10年以上、全国トップとなっていて、震災の負債が財政を圧迫し続けています
  • ・・・
  • 平成7年の阪神・淡路大震災で大きな被害を受けた兵庫県は、16兆3000億円の費用をかけた復興計画を進めました
  • ・・・
  • ただ、リーマンショックなどによる景気の悪化や、地方交付税の削減などによる収入不足でさらに借金を重ねたことから、震災による県債残高は昨年度(平成30年度)末時点で3600億円あり、今後も10年以上返済が続く見込みです
阪神・淡路大震災からの復興のため1兆円を超える借金を負った兵庫県は、震災から25年となる今も返済を続けています。

将来にわたる負債の重さを示す「将来負担比率」は10年以上、全国トップとなっていて、震災の負債が財政を圧迫し続けています。

平成7年の阪神・淡路大震災で大きな被害を受けた兵庫県は、16兆3000億円の費用をかけた復興計画を進めました。

復興事業のため、兵庫県はおよそ1兆3000億円の県の借金にあたる県債を発行したほか、貯金にあたる基金を5000億円取り崩し、財源を調達してきました。

ただ、リーマンショックなどによる景気の悪化や、地方交付税の削減などによる収入不足でさらに借金を重ねたことから、震災による県債残高は昨年度(平成30年度)末時点で3600億円あり、今後も10年以上返済が続く見込みです。

こうした結果、財政の規模に対する将来の負債などの割合を示す「将来負担比率」は昨年度339.2%と全国平均の173.6%のおよそ2倍で、11年にわたって全国の都道府県でもっとも高くなっています。

兵庫県は国に対して、引き続き、財政支援を求めることにしていて、兵庫県の井戸知事は記者会見で「大規模プロジェクトより生活再建を優先せざるをえなかった。遅れている社会資本整備やまちづくりの投資を進めていくことが重要だ」と述べました。

01月14日 17時42分
元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います(´・ω・`)


検索からきた人へ

できたらトップページ見に行って(´・ω・`)