スキー場3割、営業できない 記録的暖冬、各地で雪不足|社会

  • 気象庁によると、12月の降雪量は平年と比べ、北日本で38%、東日本も26%
  • ・・・
  • 西日本では一度も積雪が観測されず、0%だった
  • ・・・
  • 北日本と西日本は、1961年の統計開始以来、最も少ない
 冬本番にもかかわらず、記録的な暖冬で雪不足が各地で続いている。

今後1カ月も全国的に降雪量が少ない状況が続く見込みだ。

年明け後もオープンできずにいるスキー場が全国で3割以上に及んでいる。

 気象庁によると、12月の降雪量は平年と比べ、北日本で38%、東日本も26%。

西日本では一度も積雪が観測されず、0%だった。

北日本と西日本は、1961年の統計開始以来、最も少ない。

 1月15日午後6時現在の降雪量は、札幌市で9センチ(平年比18%)。

平年なら23センチの雪が積もる福島県会津若松市でも9センチしかない。

スキー場を多く抱える新潟県では、12カ所の観測地点のうち積雪を観測したのがたった2カ所。

平年と比べて4~13%にとどまっている。

1/15(水) 22:28配信朝日新聞デジタル 画像 猪苗代スキー場は雪がほとんど積もらず営業停止が続いた=1月10日、福島県猪苗代町葉山
元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います(´・ω・`)


検索からきた人へ

できたらトップページ見に行って(´・ω・`)