Yahoo!ニュース

「納豆」消費1位は水戸じゃなく盛岡! 福島が3位、なぜ東北で食べられる?|調査

  • 「納豆」がよく食べられている地域といえば、水戸納豆で有名な水戸市を思い浮かべる人が多いと思います
  • ・・・
  • 東北で納豆がよく食べられるのは、なぜなのでしょうか
  • ・・・
  • また、水戸市はなぜ“苦戦”しているのでしょうか
(総務省の家計調査(2018年)による) 「納豆」がよく食べられている地域といえば、水戸納豆で有名な水戸市を思い浮かべる人が多いと思います。

しかし、総務省の家計調査(2018年)によると、都道府県庁所在地と政令市の中で、納豆の1世帯(2人以上)当たりの年間購入金額が最も多い都市は盛岡市で、次いで水戸市、福島市の順でした。

 東北で納豆がよく食べられるのは、なぜなのでしょうか。

また、水戸市はなぜ“苦戦”しているのでしょうか。

関係者に聞きました。

. 越冬する上で貴重なタンパク源  全国納豆協同組合連合会(東京都荒川区)の広報担当者に聞きました。

Q.納豆の年間購入金額は水戸市のほか、盛岡市、福島市が毎年トップ3を独占している状態です。

なぜ、3市で納豆が多く食べられているのでしょうか。

担当者「納豆は越冬時の貴重なタンパク源として重宝したため、東北で昔からよく食べられていました。雪深い地域では食料の買い出しが難しい時季もあり、あらかじめ1週間分の納豆を造ることもありました。また、沿岸部では海が荒れて漁に出られないとき、納豆でしのぐことも珍しくありませんでした。 水戸市では、市内などを流れる那珂(なか)川が昔から台風などでしばしば氾濫し、田畑に被害を及ぼしていました。そこで、わせ品種の大豆を田んぼのあぜに植え、台風が上陸する9月までに収穫し、災害に備えていました。ただ、早めに収穫する分、豆は小粒でした。水戸の納豆が基本的に小粒なのもそのためです。 その後、明治時代に鉄道が敷かれ、東京から偕楽園(かいらくえん)へ観光に来る人が増加すると、水戸で納豆を食べた観光客の間で『おいしい』と評判になり、全国区の商品に成長しました」 Q.水戸市は2016年にトップだった後、2年連続2位以下です。

なぜでしょうか。

担当者「福島、盛岡に比べ、核家族化が進んでいるためだと思われます。総務省の家計調査は世帯の購入金額で計算しているため、世帯人数が多いほど金額が高くなる傾向にあります」 Q.それぞれの地域で、納豆はどのように食べられているのでしょうか。

担当者「納豆は安価なものが多いため、世帯人数が多い家庭ほど多く食べられる傾向にあります。そのため、1日2回食べる家庭も珍しくなく、夜に食べる際は調理を工夫し、さまざまな方法で食べられます。例えば、福島ではカレーに入れたり、みそ汁に入れたりして食べていますし、ひき肉とともに炒めて食べることもあります。 水戸では『納豆はご飯にかけて食べるもの』という印象が強いです。市内に納豆専門店もあり、納豆に敬意を払っている印象を受けます。そのため、食べ方も保守的なのではないでしょうか」 Q.2月に2019年の納豆の購入金額が公表されると思いますが、予想は。

担当者「予想するのは難しいですが、水戸、盛岡、福島のいずれかがトップになるのではないでしょうか」 盛岡では、1000年前から食べていた?  次に、盛岡と納豆の歴史について、岩手大学農学部応用生物食品研究室の塚本知玄教授に聞きました。

Q.盛岡で納豆が食べられるようになった経緯は。

塚本さん「約1000年前の『八幡太郎義家伝説』にさかのぼります。

伝説によると『前九年の役』の際、家来が食糧としてわらに煮豆を入れて持ち歩いていたところ、偶然にも糸引き納豆になっていたというものです。

その後、南部藩の時代は領内で米が取れない地域も多く、大豆の栽培が奨励されました。

そのことで日本有数の大豆の産地となり、藩全体で自然と大豆の加工食品文化が育まれたと考えられます。

全文はソース元で 1/15(水) 8:10配信
元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います(´・ω・`)


検索からきた人へ

できたらトップページ見に行って(´・ω・`)