Yahoo!ニュース

歩行者の交通事故死をなくしたオスロの秘訣|ノルウェー

  • それではオスロはどういった取り組みで歩行者と自転車利用者の死亡者をゼロにしたのだろうか
  • ・・・
  • ビジョン・ゼロというのは、ノルウェーの隣国スウェーデンで1995年に始められたプロジェクトで、「交通事故による死亡者と重傷者をなくす」ことを目標に掲げたものだ
  • ・・・
  • ただオスロがここまでくるまでには多年の時間が必要だった
年明けすぐ、ノルウェーの首都オスロでの昨年の交通事故死者数についてのニュースが入ってきた。

歩行者と自転車利用者で、亡くなった人がゼロになったという朗報だった。

 衝突事故で亡くなった運転者が1人いたので、「すべての交通事故」とはいえないが、それでも驚くべき記録である。

 このニュースは日本だけでなく、米国などでも「何か学べるはず」という姿勢で報じられた。

 それではオスロはどういった取り組みで歩行者と自転車利用者の死亡者をゼロにしたのだろうか。

 真っ先に挙げられるべき点は、政府が率先して交通事故を減らす取り組みをしてきたことだ。

 具体的には「ビジョン・ゼロ」という交通事故死をゼロにする政府主導型の政策が功を奏してきている。

 ビジョン・ゼロというのは、ノルウェーの隣国スウェーデンで1995年に始められたプロジェクトで、「交通事故による死亡者と重傷者をなくす」ことを目標に掲げたものだ。

 1997年には、スウェーデン議会が国家目標として達成していくことを決定している。

 しかもビジョン・ゼロは単なるキャッチフレーズや努力目標のレベルで終わらせるのではない。

 発想の転換によって「交通事故は起きてしまうもの」から「防げるもの」として、また「個人が注意すべきこと」から「システムとして防止すること」へと前向きに捉えられている。

.  具体的には次の4つの柱で構成されている。

 (1)「人間がより安全に」 (2)「道路をより安全に」 (3)「より安全なスピード」 (4)「より安全性の高い車両」  ただオスロがここまでくるまでには多年の時間が必要だった。

 具体的な施策としては、オスロ市内の中心部に車を乗り入れられなくしたり、市内の駐車料金を値上げしたり、路上にあった700台分の駐車スペースを総距離60キロの自転車ルートに変換したりした。

 こうした施策を耳にすると、単に市内への車の乗り入れを制限することで人間と車の接触を減らしただけとも受け取れる。

 物理的に市の中心部で車を走行させなければ事故は起きない。

しかし業務用車両や機動性を重視する人にとっては不便極まりないとの不満は出ていないのか。

 ビジョン・ゼロの考えかたの底辺には交通事故によって人間が死亡したり、重傷を負ったりすることの理不尽さが読み取れる。

 オスロだけでなく東京でも事故で死亡する人数は減っているが、背景には「起きてはならないこと」との考え方があるようだ。

 オスロ氏のレイモンド・ヨハンセン市長は次にように説明する。

 「根源的な問題なのです。道路を車から人間のものにするという発想です。安全上も、健康上も、環境上も、生活の質という点からも『ウィン・ウィン』の関係になるはずです」 全文はソース元で 1/16(木) 6:00配信
元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います(´・ω・`)


検索からきた人へ

できたらトップページ見に行って(´・ω・`)