• 獨協医科大学病院によりますと、去年9月、肝臓がんの治療で入院していた栃木県日光市の76歳の男性に、CT検査のため造影剤を投与したところ、急激なアレルギー反応「アナフィラキシーショック」を起こし、およそ1か月後に死亡しました
  • ・・・
  • その後の院内の調査で、造影剤に軽度のアレルギーがあると男性のカルテに記載されていたにもかかわらず、担当の医師が確認していなかったことが分かりました
  • ・・・
  • さらに、造影剤を使う検査の必要がなくなり、医師が中止を指示しましたが、指示が伝わらず造影剤が投与されたということです
後で読む
去年9月、栃木県壬生町にある獨協医科大学病院で、76歳の男性患者が、投与された造影剤に急激なアレルギー反応を起こして死亡していたことが分かりました。

病院はミスを認め、男性の家族に謝罪したということです。

獨協医科大学病院によりますと、去年9月、肝臓がんの治療で入院していた栃木県日光市の76歳の男性に、CT検査のため造影剤を投与したところ、急激なアレルギー反応「アナフィラキシーショック」を起こし、およそ1か月後に死亡しました。

その後の院内の調査で、造影剤に軽度のアレルギーがあると男性のカルテに記載されていたにもかかわらず、担当の医師が確認していなかったことが分かりました。

さらに、造影剤を使う検査の必要がなくなり、医師が中止を指示しましたが、指示が伝わらず造影剤が投与されたということです。

病院はミスを認め、重大な医療事故だったとして家族に謝罪したうえで、電子カルテに注意を促すアラートを出すなど、再発防止策を講じたということです。

獨協医科大学病院の平田幸一病院長は「ご遺族に対し深くおわび申し上げます。再発防止に向けて改善の取り組みを徹底、強化して参ります」とコメントしています。

2020年2月8日 12時48分
元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います