新幹線の「アイスクリーム」、“カチカチ”すぎるのに売れ続けるワケ|話題

  • 研修を終え、初めて新幹線に乗務した日のことを今でも覚えています
  • ・・・
  • その時は思いました…私のワゴンに積み込まれていたアイスクリームは、あっという間に完売したのです
  • ・・・
  • 見た目は普通のアイスクリームです…新幹線に乗車する機会の多いビジネスマンたちは、このことを知っていたのです
車内販売員のマニュアル  私が東海道新幹線で車内販売員をしていたのは、約10年前のこと。

研修を終え、初めて新幹線に乗務した日のことを今でも覚えています。

 乗務前の研修では、ワゴンの扱い方、商品知識、接客について学びます。

その中で、指導してくださった先輩が「アイスはとても固いから、お客様にお渡しするとき『しばらく経ってからお召し上がりください』と一言添えてください。」と言うのです。

 それに対して私は「いやいや大げさな……、そこまで固くないでしょ。しかも、新幹線の車内でアイスって、そんなに売れるのだろうか?」と、その時は思いました。

 初めての乗務は、出張に出かけるビジネスマンが多く乗っている時間帯。

一番の人気商品であるホットコーヒーが飛ぶように売れる時間でもあります。

 そこで驚いたのが、コーヒーとともにアイスクリームを買うお客様の多さです。

私のワゴンに積み込まれていたアイスクリームは、あっという間に完売したのです。

 そして、もう一つ驚いたのはアイスクリームを購入したお客様が、なかなか食べ始めないこと。

やはり、本当にものすごく固いのかもしれない……。

そう思った私は、すぐにアイスクリームを購入し、食べてみることにしました。

「シンカンセンスゴイカタイアイス」  「しばらく経ってからお召し上がりください」と、お客様には案内しておきながら、いざ自分が食べるとなると待ちきれず、すぐに開封してしまいました。

 見た目は普通のアイスクリームです。

しかし、スプーンを入れようとして驚きました。

なんと……スプーンが刺さらないのです。

想像以上の固さに、思わず「えっ!」と声に出てしまうほどでした。

 結局、食べごろまで10分ほど待つことに。

新幹線に乗車する機会の多いビジネスマンたちは、このことを知っていたのです。

 それにしても、濃厚でコクのあるアイスクリームは、いつでも人気でした。

保冷バックを車内に持参して「カチカチのアイスちょうだい!」と、まとめ買いする人もいるほどでした。

 あれから10年経った現在、SNSではあのアイスクリームの写真に「#シンカンセンスゴイカタイアイス」というハッシュタグを付け、車内でアイスを食べたことを報告するのが定番化しています。

そう、誰もが認める「固いアイス」なのです。

 “シンカンセンスゴイカタイアイス”、その正式名称は「スーパープレミアムアイスクリーム」。

スジャータめいらくのグループ会社の一つ、名古屋製酪が製造しています。

 その商品名の通り、リッチな味わいが特徴のプレミアムなアイスクリームですが、実はこの味に、固さの秘密が隠されているのです。

 というのも、濃厚でしっとりとした食感にするため、アイスクリーム中の空気の含有量を一般的なアイスクリームよりも抑えられてます。

そうすることで、密度が高まり、一般的なアイスクリームよりも溶けにくくなるといわれています。

 つまり、あくまでも固くするためではなく、味のクオリティにこだわって開発した結果、固くなったというわけです。

旨味がギュッと詰まったような濃厚さは、こうして実現されています。

実は新幹線の車内以外でも買えます  また、「スーパープレミアムアイスクリーム」の固さの理由は、その管理方法にもあります。

 実は、新幹線のワゴンには冷凍庫というものは備わっておりません。

そのため、より美味しい状態で提供するために、保冷バックにドライアイスを詰め込み、徹底した温度管理をしているのです。

全文はソース元で 2/8(土) 9:01配信
元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います