• ショートプログラム首位の紀平梨花がフリートップの151・16点を記録し、合計232・34点で2連覇を果たした
  • ・・・
  • 樋口新葉が合計207・46点の4位、坂本花織が202・79点の5位となった
  • ・・・
  • 紀平が女王の貫禄を示した…紀平もトリプルアクセルが1回転半になるミスがあったが、2本目はきっちりと決めて2回転トーループをつけた
後で読む
紀平梨花Vで4大陸選手権連覇、樋口4位、坂本5位 2/8(土) 16:49配信 <フィギュアスケート:4大陸選手権>◇8日◇韓国・ソウル◇女子フリー ショートプログラム(SP)首位の紀平梨花(17=関大KFSC)がフリートップの151・16点を記録し、合計232・34点で2連覇を果たした。

樋口新葉(19=明大)が合計207・46点の4位、坂本花織(19=シスメックス)が202・79点の5位となった。

最終滑走。

紀平が女王の貫禄を示した。

直前に同じ浜田美栄コーチから指導を受ける劉永(ユ・ヨン、15=韓国)が会心の演技。

紀平もトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)が1回転半になるミスがあったが、2本目はきっちりと決めて2回転トーループをつけた。

重圧がかかる中で安定感を示し、合計223・23点でトップだった劉永を上回った。

1月に約3週間行った米コロラド合宿。

4回転ジャンプの練習などと並行し、磨いたのがフリー「インターナショナル・エンゼル・オブ・ピース」の振り付け。

振付師のトム・ディクソン氏と手の動きから表情に至るまで高みを目指した。

「少しの差だけれど、ちょっと雑になっている滑りとかがあった。『もう少し流れに沿った、曲にあった感じを意識してほしい』と言われました。『こんなにも違うように見えるんだな』と思いました」 失敗が少なくなった高難度のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は、跳ぶまでの滑りを曲にとけ込ませる段階になった。

「振り付けから『パッとジャンプのルートに入ったな』っていうのが分かるような感じだった。『そこはなくしてほしい』と言われました」 22年北京五輪金メダルを目標とし、4回転サルコーも特訓中。

それでもジャンプの進化だけでなく、プログラムの完成度にもこだわってきた。

今後はチャレンジ・カップ(20日開幕、オランダ・ハーグ)を経て、3月の世界選手権(カナダ・モントリオール)に向かう。

昨季の同選手権は4位。

強力ロシア勢も出場する大舞台で、1年間の集大成を披露する。

▽紀平梨花のコメント「今日はちょっと前のヨンちゃんの点数(223.23点)にすごく驚いて、少し緊張しました。1つ目のアクセルにミスがあったんですけど、その他のジャンプでリカバリーできたのがすごくよかった。次につながるいい経験になった」
元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います