• 「剛腕」と呼ばれた往年の名手が天国に旅立った
  • ・・・
  • 91年には次男の洋司氏(47)がJRA騎手デビュー
  • ・・・
  • 歴代4位となる通算1515勝、G1級10勝の成績を残して93年、騎手引退後は調教師に転身
後で読む
G1級10勝を挙げるなど昭和から平成初期の競馬シーンを飾った元JRA騎手の郷原洋行(ごうはら・ひろゆき)氏が1月31日に病気のため亡くなったことが8日、分かった。

76歳。

鹿児島県出身。

8日に近親者だけで葬儀を執り行った。

 「剛腕」と呼ばれた往年の名手が天国に旅立った。

騎手、調教師として一時代を築いた郷原氏は、11年の調教師引退後も評論活動などを通じて競馬と関わったが、最近は体調を崩して入退院を繰り返していた。

 熊本から単身上京し、馬事公苑騎手養成課程を経て62年に騎手デビュー。

67年には79勝を挙げて初の関東リーディングに輝くとともに皐月賞(リユウズキ)でクラシック初制覇を飾った。

77年には菊花賞(プレストウコウ)、80、89年にはダービー(オペックホース、ウィナーズサークル)を制して3冠ジョッキーにも輝いた。

「剛腕・郷原」と称された豪快な追い方で天皇賞は春秋合わせて4勝。

91年には次男の洋司氏(47)がJRA騎手デビュー。

父子鷹として注目を集めた。

実直な人柄で競馬サークルでの信望も厚く、日本騎手クラブ会長を5年間務めた。

歴代4位(当時)となる通算1515勝、G1級10勝の成績を残して93年、騎手引退後は調教師に転身。

J―G1中山グランドジャンプを連覇したゴーカイなどを育てた。

調教師引退後の14年には長年の功績から競馬の殿堂入りを果たした。

 JRA調教助手を務めている長男の郷原正洋氏(48)は「父が偉大な騎手と言われるようになれたのも多くの人々の支えがあればこそです。大変感謝していますし、父も同じ気持ちだと思います。父の厩舎で調教助手として一緒に馬を育てられたことが何よりの思い出です」としのんだ。

 ◆郷原 洋行(ごうはら・ひろゆき)1944年(昭19)1月21日生まれ、鹿児島県出身。

中学卒業後の59年、馬事公苑騎手養成長期課程へ入所。

61年4月から中山・大久保房松厩舎の騎手候補生に。

93年2月の引退までに通算11906戦1515勝(G1級10勝)。

翌94年から厩舎を開業し11年に勇退、通算2748戦104勝。

元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います