• 昨年5月、台湾で「ハイエース・マジェスティ」として販売されたこの車は、同年8月にはタイで「ハイエース・グランビア」として発売され、いまやかなりの人気者になっている
  • ・・・
  • トヨタの話によると、グランエースはインバウンドの観光客の送迎車が1つの大きな目的であり、五輪の選手たちの送り迎えでの利用も想定しているという
  • ・・・
  • 日本では昨年11月に発売が始まり、すでに意外なヒットとなっている
後で読む
アルファードを超える日本最大級ミニバン トヨタの意外なヒット | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン) ライフスタイル 2020/02/09 11:30 このクルマのサイズを見れば、一見逆輸入車に見えるけど、実は日本で生産している。

存在感抜群のアルファードが何とも小さく見えてしまう。

海外ですでに市販されているトヨタ最大のミニバン「グランエース」(日本名)がいよいよ日本に上陸し、業界を圧倒している。

昨年5月、台湾で「ハイエース・マジェスティ」として販売されたこの車は、同年8月にはタイで「ハイエース・グランビア」として発売され、いまやかなりの人気者になっている。

トヨタの話によると、グランエースはインバウンドの観光客の送迎車が1つの大きな目的であり、五輪の選手たちの送り迎えでの利用も想定しているという。

日本では昨年11月に発売が始まり、すでに意外なヒットとなっている。

2020年に割り振られたのは600台だが、1月末ですでに950台の受注が入った。

さらに同車はこれから、アジアを中心に計80か国にも輸出するとトヨタは言っている。

(以下ソースで) 過去スレ 【自動車】アルファードより大きい!トヨタ、新型高級ミニバン「グランエース」12月16日発売 価格は620万円から★2
元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います