観光客激減、群がるシカ…せんべい販売の女性「じらさず与えて」

  • 「…冬の奈良観光に訪れてほしい」…1日平均約1万枚を生産する奈良市の「武田俊男商店」では、売り上げが8割減になったという
  • ・・・
  • 鹿せんべいを購入する観光客にシカが一斉に群がる様子も見られる
  • ・・・
  • 販売する女性は…「…すぐに鹿せんべいを与えてほしい」
 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が観光地・奈良公園(奈良市)に暗い影を落としている。

奈良県内在住の男性バス運転手(60歳代)が中国・武漢市からのツアー客を乗せて公園に立ち寄っていたことが1月下旬に判明して以降、観光客が激減し、シカが餌を求めて観光客に群がる姿も相次ぐ。

一方、公園一帯を彩る「しあわせ回廊なら瑠璃絵(るりえ)」の8日開幕に合わせて、関係者は安全をアピールし、観光客の呼び込みに躍起だ。

(迫直往)  ◆シカ群がる  荒井知事は5日の定例記者会見で、1月末現在、中国人ら県内の宿泊客のキャンセルが1万人を超えたことを明らかにした。

 公園近くのホテルサンルート奈良によると、先月下旬から中国の団体客のキャンセルは計約500人に上った。

中野聖子社長(51)は「春節(旧正月)のかき入れ時だったが、(売り上げの見込みが)全て消えてしまった。消毒など感染防止に力を入れており、冬の奈良観光に訪れてほしい」とアピールする。

 奈良のシカのおやつとして知られる「鹿せんべい」の販売にも深刻な影響が出ている。

1日平均約1万枚を生産する奈良市の「武田俊男商店」では、売り上げが8割減になったという。

通常、午後4時過ぎまで働く従業員には昼頃に帰宅してもらっている。

店主の武田豊さん(72)は「この状況が長引いたら死活問題だ。早く沈静化してほしい」と嘆いた。

 鹿せんべいを購入する観光客にシカが一斉に群がる様子も見られる。

販売する女性は「トラブル防止のため、じらさず、すぐに鹿せんべいを与えてほしい」と注意を呼びかける。

 ◆対策強化をPR  なら瑠璃絵の試験点灯が7日夕にあり、主会場の奈良春日野国際フォーラムの庭園では、青や白色などの発光ダイオード(LED)でシカや雪だるまなどのオブジェが浮かび上がった。

 昨年の来場者数は41万2000人で、11回目となる今年はそれ以上が目標という。

実行委員会の森麻理子事務局長は「マスク着用やアルコール消毒の徹底などで対策を強化している。冬の奈良らしい演出をゆっくり楽しんでほしい」と来場を呼びかけている。

 点灯は8~14日の午後6~9時で、問い合わせは実行委事務局(0742・20・0214)。

ソース煎餅 観光客激減、群がるシカ…せんべい販売の女性「じらさず与えて」/ar-BBZNuLv
元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います