• とはいえ何事にも多種多彩で一筋縄でいかないASEAN各国だけに、新型肺炎に対する対応も中国に極端に気を遣う「媚中国」から、水際対策強化で中国人の入国禁止や武漢からの旅行者を“強制送還”する「強硬国」まで両極端に分かれている
  • ・・・
  • 日本では「新型肺炎」という用語がマスコミなどでは定着してきているが、ASEANでは英語の「WuhanVirus」が呼称として広く使われるようになってきた
  • ・・・
  • この背景にはあくまでも中国・武漢を発生地とする新型のコロナウイルスによる肺炎であることを記憶しておこうとの思いがあるようだ
後で読む
 中国湖北省武漢からもはや世界中に拡大しようとしている新型コロナウイルスによる肺炎。

東南アジア諸国連合(ASEAN)各国でも次々と中国人旅行者の感染者が報告されているが、中国に渡航歴のない各国国民の感染も増えている。

 とはいえ何事にも多種多彩で一筋縄でいかないASEAN各国だけに、新型肺炎に対する対応も中国に極端に気を遣う「媚中国」から、水際対策強化で中国人の入国禁止や武漢からの旅行者を“強制送還”する「強硬国」まで両極端に分かれている。

さらにその間に入って中国や国際社会の動向を見極めようとする「様子見国」、自国での感染者がこれまでゼロであることから感染阻止に自信を見せる「自尊国」と千差万別。

各国の国柄、政権の立ち位置、国民性を如実に反映している。

 日本では「新型肺炎」という用語がマスコミなどでは定着してきているが、ASEANでは英語の「WuhanVirus(ウーハン・ウイルス=武漢ウイルス)」が呼称として広く使われるようになってきた。

この背景にはあくまでも中国・武漢を発生地とする新型のコロナウイルスによる肺炎であることを記憶しておこうとの思いがあるようだ。

元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います