• 「がん検査で誤診されたために…人工肛門を開設されました」そう憤るのは…75歳)だ
  • ・・・
  • 検査結果に間違いはない
  • ・・・
後で読む
■ 誤診で人工肛門を開設 「がん検査で誤診されたために、まったく必要のない手術を受けて、人工肛門を開設されました」 そう憤るのは、富山芳男さん(仮名、75歳)だ。

富山さんの悲劇は、健康診断で大腸がんの便潜血検査を受けたところから始まった。

「検査で、がんの疑いありと診断され、翌月、再検査として内視鏡検査を受けました。すると、大腸内に炎症があるとのことで、念のために細胞を採られました。 その病院ではがんと確定する精密検査は行えないとのことで、サンプルは検査会社へと送られた。ですが、この会社でミスが起こりました。ラベルの貼り間違いで、私のサンプルが、直腸がんの患者のものと入れ替わってしまったのです」 誤って直腸がんと診断された富山さんは、手術を受けることになった。

術前には担当医が、肛門から指を入れて感触で調べる直腸診を行ったが、肛門の近くにしこりを感じ、がんだと早合点した。

担当医は富山さんが直腸がんであることを疑わず、健康な肛門を切り落とし、人工肛門を開設。

誤りに気付いたのは、手術で切除した肛門を精密検査に回し、悪性の腫瘍ではないと診断されたときだった。

しかし、時すでに遅し。

「人工肛門になると、排泄を自分でコントロールできず、便やガスが知らない間に出ていることもある。長時間の外出や人付き合いが億劫になり、引きこもりがちになりました。 病院や検査会社とは和解し、それなりのおカネも支払われましたが、すっかり生活が変わってしまった。誤診で人生を狂わされたようなものです」 ■ 気付かないのは患者だけ 画像検査を過剰に信じて手術を行ったために、失明した例もある。

佐藤英輔さん(仮名、78歳)の話。

「6年ほど前、左半身のしびれやめまいを感じて病院にかかると、脳梗塞の前触れである一過性脳虚血発作が疑われ、頭部CTやMRIを受けました。 すると医師に、左の眼のくぼみのなか、視神経の直下に腫瘍があると告げられました。『手術すれば、失明する恐れもあるが、腫瘍を放置すれば、視神経を伝わって頭蓋骨まで侵食する危険性がある』と言われ、命には代えられないと手術をお願いしました」 だが、いざ手術を始めてみると、「あるはずだ」と思っていた腫瘍はなく、視神経が腫れているだけだった。

結局、何も摘出せずに手術は終わったが、術中に視神経を傷つけたことで、佐藤さんは視力が著しく低下し、1ヵ月後に失明した。

手術の前に腫瘍が悪性とは断定できず、実際にメスで開いてみて初めてわかるというケースは珍しくない。

そういう場合は、医者はより一層、手術前の検査を慎重に行う必要があるが、残念なことに、現実はそうはなっていない。

「病院の収入の多くを占めるのが、手術です。切らずに丁寧に経過観察を行う良心的な医師は病院に利益をもたらさない。検査で疑いが生じたら、『病院の経営のために積極的に切る』と考える医師は少なくありません」(弁護士の貞友義典氏) 恐ろしいのは、こうして明るみに出た誤診は、氷山の一角だということだ。

誤診に基づく手術であろうと、術後の患者が健康であれば問題にはならない。

いつの間にかカルテを改竄されて、何も知らないのは患者だけということもある。

検査結果に間違いはない。

医者や患者がそう思い込むかぎり、被害者は増える一方だ。

■ 検査→再検査でも見逃し、見落とし多数 「画像検査をしたはずなのに、病気の見落としや見逃しをしてしまう。これは報道されていないだけで、医療現場ではよく起きていることです。 X線はもちろん、より精密なCT検査でも見落としは生じます。放射線科の医師は画像を確認し、がんの疑いのある箇所についてレポートを書いているもの。ところが、担当医がそのレポートをきちんと読み込まず、重要な情報を見落としてしまうんです。そんな類のミスで、がんは見落とされていくのです」(秋津医院の秋津壽男院長) 健康診断や人間ドックには様々な危険が潜んでいる。

それでも人は少しでも健康でありたい、病気のリスクを減らしたいと検査に向かう。

ところが、いざ検査を受けても、病気自体が見落とされてしまうことがある。

見つけなくていい病気は血眼になって探すのに、本当に見つけなければいけない病は見逃してしまう。

これが病院の皮肉な現状だ。

東京・品川で自治体の肺がん検診を実施していた病院が見落とし事故を起こしていたと発表したのは、1月8日のこと。

※詳細はソースをご覧下さい
元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います