• “クビ斬り”はみのに限ったことではない…さらに、お笑いビッグ3のビートたけし(73)も今春、“クビ斬りリスト”に名を連ねてしまったという
  • ・・・
後で読む
約12年間も司会を務めていた、『秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)から勇退することが発表された、みのもんた(75)。

みのは4月の番組リニューアルに合わせて勇退し、爆笑問題の田中裕二(55)が後任になることが決まった。

キー局関係者が話す。

「みのの勇退は高齢による体調面もありますが、ギャラの問題もあったんでしょう。現在は、全局で番組制作費の削減がキツくいわれていますからね。たとえばフジテレビでは、“1番組につき年間制作費を2?3億円減らせ”との指令が出ているといいます。CMの出広額は数年前に比べて激減していますから」 昨年電通が発表した「2018年日本の広告費」によると、地上波テレビ広告費は1兆7848億円の一方、インターネット広告費は5年連続2桁成長の1兆7589億円で、テレビの背中をとらえているのだ。

「広告をネットにとられ、テレビの予算が大幅に削られる中で、ギャラの高い大物司会者の首も寒くなっているわけです。テレビ界では、一度決めたギャラは下げられないという通例がありますからね」(前同) となると、“クビ斬り”はみのに限ったことではない。

制作会社関係者は話す。

「特にTBSは3月、月曜日の19時から22時まで大胆な打ち切りを敢行します。 アンジャッシュの渡部建(47)がMCを務める『名医のTHE太鼓判!』、くりぃむしちゅーの有田哲平(48)が司会の『人生イロイロ超会議』、南海キャンディーズの山里亮太(42)の『メイドインジャパン!』、そして坂上忍(52)が司会を務める『1番だけが知っている』が軒並み終了。全滅です」 また、6年連続年間視聴率三冠王を獲得した日本テレビも、他人事ではない。

「改編に向けての会議で、視聴率の上がり目のない2つの老舗番組の終了が検討されたそうです。 それは、堀尾正明(64)がMCを務める『誰だって波瀾爆笑』と、久本雅美(61)がMCの『メレンゲの気持ち』です。結果的には、昨年、堀尾の熟年不倫疑惑が報じられたことも問題視され、『波瀾?』のほうが打ち切られることが決まったとのことです」(前出のキー局関係者) さらに、お笑いビッグ3のビートたけし(73)も今春、“クビ斬りリスト”に名を連ねてしまったという。

「『名医とつながる! たけしの家庭の医学』(テレビ朝日系)も、3月で終了するといいます。たけしさんは昨年、所属事務所を移籍した際、各局にギャラアップを要求し、ひんしゅくを買ったそうです。それも番組終了の一因なのでは……」(前同) “ビッグ3”の一角をも吹き飛ばすテレビ界の大不況。

もはや誰にも止められそうにない。

2020.02.09 21:00 日刊大衆
元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

坂上忍、ビートたけし、山里亮太…テレビ番組「クビ切り」リスト|芸能

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事