クルーズ船 残る3600人余の下船者の検査検討 加藤厚労相

  • 新型コロナウイルスの集団感染が確認されたクルーズ船をめぐり、加藤厚生労働大臣は国内での感染拡大を防ぐため、船内に残る3600人余りの乗客と乗員について、下船する人を対象にウイルス検査を行うことも検討していく考えを示しました
後で読む

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います