• 助演男優賞を初受賞した…レオナルド・ディカプリオが人気のピークを過ぎて映画スターへの転身を目指すテレビ俳優リック・ダルトン、ピットがスタントマンで親友のクリフ・ブース、マーゴット・ロビーがテートを演じた
  • ・・・
  • 「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」では第77回ゴールデングローブ賞をはじめ、ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞、第54回全米批評家協会賞、第25回放送映画批評家協会賞、第26回全米俳優組合賞、第73回英国アカデミー賞など主要賞を総なめ
  • ・・・
  • 作品賞や監督賞を含む10部門ノミネートを果たした第92回アカデミー賞で、オスカーの栄光に輝き、有終の美を飾った
後で読む
第92回アカデミー賞の授賞式が2月9日(現地時間)、米ハリウッドのドルビー・シアターで行われ、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」のブラッド・ピットが、 助演男優賞を初受賞した。

クエンティン・タランティーノ監督がメガホンをとり、全米を震撼させたシャロン・テート殺人事件を軸に、1969年のハリウッド黄金時代に秘められた光と闇を 描き出した本作。

レオナルド・ディカプリオが人気のピークを過ぎて映画スターへの転身を目指すテレビ俳優リック・ダルトン、ピットがスタントマンで親友の クリフ・ブース、マーゴット・ロビーがテートを演じた。

共演のディカプリオとハグをし、登壇したピットは、「素晴らしいです。アカデミー、この栄誉をありがとうございます」「クエンティン、唯一無二の存在だ。 あなたなしでは、映画界はもっとドライな場所になってしまうでしょう」と感謝のスピーチ。

昨年4月に元妻で女優のアンジェリーナ・ジョリーとの離婚が 成立したが「この賞を子どもたちに捧げます」と6人の子供たちへメッセージを送った。

ピットは89年のスクリーンデビュー後、「テルマ&ルイーズ」で脚光を浴び、「リバー・ランズ・スルー・イット」「セブン」「ファイト・クラブ」などで人気を獲得。

96年に「12モンキーズ」でアカデミー賞の助演男優賞に初ノミネートを果たし、「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」「マネーボール」で同主演男優賞に ノミネートされた。

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」では第77回ゴールデングローブ賞をはじめ、ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞、 第54回全米批評家協会賞、第25回放送映画批評家協会賞、第26回全米俳優組合(SAG)賞、第73回英国アカデミー(BAFTA)賞など主要賞を総なめ。

作品賞や監督賞を含む10部門ノミネートを果たした第92回アカデミー賞で、オスカーの栄光に輝き、有終の美を飾った。

元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います