• 自治体のヘイトスピーチ規制が広がっている…社会の分断を食い止めるという評価がある一方、どこまでをヘイトとするかの線引き論争はなお続いている
  • ・・・
  • いま、国や自治体が法律や条例でヘイトスピーチを規制することは重要かもしれません
  • ・・・
  • しかし、もっと大切なのは、社会の側が「ヘイトは許さない」という共通認識を持てるかどうか、です
後で読む
「ヘイト」のインフレ化、続く論争 「私こそ被害者だ」  自治体のヘイトスピーチ規制が広がっている。

 社会の分断を食い止めるという評価がある一方、どこまでをヘイトとするかの線引き論争はなお続いている。

 どう考えればいいのか。

■重たい言葉、軽いノリで拡散 真鍋厚さん(評論家)  いま、国や自治体が法律や条例でヘイトスピーチを規制することは重要かもしれません。

 しかし、もっと大切なのは、社会の側が「ヘイトは許さない」という共通認識を持てるかどうか、です。

 残念なことにここ数年、それとは裏腹に日本社会では「ヘイト」という言葉のインフレ化と呼べる状況が広がっています。

 何かを批判する際、あまりにも安易にこの言葉が使われ過ぎています。

 たとえば昨年、芸術祭「あいちトリエンナーレ」の企画展で昭和天皇をめぐる作品が問題になったとき、一部メディアがこうした作品は日本人への「ヘイト」だ、という表現で強く批判しました。

 ネットの世界は、もっと深刻で… (公開部分ここまで) 朝日新聞DIGITAL 2020年2月10日 13時00分
元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

真鍋厚「安易に『ヘイト』使われすぎ」たとえば一部メディアが、昭和天皇をめぐる作品に「日本人へのヘイトだ」と強く批判した|朝日

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事