• 国内の感染症の専門家で作るグループは、国内でも新型コロナウイルスの感染が広がるおそれがあるとして東京都内で記者会見を開き、予防対策などについてまとめた緊急の提言を発表しました
  • ・・・
  • 今後国内でも重症の患者が出る可能性があるとして…座長を務める東北医科薬科大学の賀来満夫特任教授は「重症患者に対しては…感染症専門の医師だけでなく…呼吸器の病気の治療が専門の医師などのスタッフや…人工呼吸器などの設備が必要になる…」と述べて…今の段階から地域の医療体制や連携を確認しておくべきだと指摘しました
  • ・・・
後で読む
中国を中心に新型コロナウイルスの感染が広がっているのを受け、感染症の専門家が会見を開き、手洗いなどの予防対策を習慣づけるなど、個人で取るべき対策を提言として発表したうえで、今後国内で重症患者が出た場合に備え、地域の医療体制や連携について確認しておくべきだと指摘しました。

国内の感染症の専門家で作るグループは、国内でも新型コロナウイルスの感染が広がるおそれがあるとして東京都内で記者会見を開き、予防対策などについてまとめた緊急の提言を発表しました。

この中では、感染はいつでも起こりうるという意識を持って、科学的な知識に基づいて「正しく恐れる」ことや、せきやくしゃみなどの飛まつなどを通じて感染するとして、手洗いやせきエチケットといった予防対策を習慣づけることなど、個人で取るべき対策を示しています。

さらに、今後国内でも重症の患者が出る可能性があるとして、座長を務める東北医科薬科大学の賀来満夫特任教授は「重症患者に対しては、感染症専門の医師だけでなく、呼吸器の病気の治療が専門の医師などのスタッフや、人工呼吸器などの設備が必要になる。どこで受け入れるのか、地域での医療機関の役割分担と調整が重要だ」と述べて、今の段階から地域の医療体制や連携を確認しておくべきだと指摘しました。

賀来特任教授は「ことしはオリンピックも開かれ、ほかの感染症が流行することも考えられる。提言を、身を守る一助にしてほしい」と話しています。

■感染症研究所 脇田所長 検査法の開発を急ぐ考え 中国を中心に新型コロナウイルスの感染が拡大する中、国立感染症研究所の脇田隆字所長がNHKのインタビューに応じました。

この中で、国立感染症研究所の脇田所長はこれまでに分かっている新型コロナウイルスの特性について、国内で感染が確認された患者から研究所で分離して培養したウイルスを調べた結果、「中国で見つかったウイルスと99.9%同じで、感染力や病原性などに関わる変異は起きていない」としています。

そのうえで、同じコロナウイルスの一種、SARSウイルスが広がった際には1人から多くの人に感染を広げる「スーパースプレッダー」がいたとして、「今後も継続して感染者からウイルスの分離を行い、性質が変わっていないか監視することが必要だ」と話しています。

また脇田所長は症状が出ないか、軽症の人がほとんどで、感染者が移動することも多いため、国内でも感染が広がる可能性があるという認識を示したうえで、「症状のある人を診断して治療することが重要だ。抗体などを迅速に調べる検査法を数か月以内に完成させたい」と述べ、検査法の開発を急ぐ考えを示しました。

さらに、脇田所長は、ウイルスの表面にあるたんぱく質の構造がSARSウイルスと似ているため、研究の蓄積を生かすことで薬の開発はこれまでより、早く進むことが期待できるとしています。

2020年2月10日 17時16分
元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

専門家が提言 “日本国内で重症患者が出た場合に備えよ”|新型肺炎

【驚愕】新型肺炎の潜伏期間は最長24日間と調査報告!中国の専門家が論文 「半数以上は早期発熱しない」 https://t.co/tmddbWE7Fu#新型コロナウイルス肺炎 #新型肺炎 #新型コロナウイルス https://t.co/RGYHrFmlqn

日本政府は新型肺炎の沈静化に躍起?読売にも専門家意見 「日本国内の医療態勢は充実している」「対応できる」 https://t.co/ucLXeVjlk2 https://t.co/8qxA4Rabf7

最新の薬は授乳婦に使えるか書籍やWEBに載っていない場合があります🤔そんな時は『Lact Med』を使いましょう!米国国立衛生研究所の運営するデータベースです!新しい情報が専門家により検討され日々更新され信頼できる情報源です!… https://t.co/RiYOmrlgVE

自民党の下村議員は新型肺炎の拡大を踏まえ、緊急事態条項新設に関する改憲論議の進展に期待感を示したが多く感染症専門家が現行法で対応可能の見解を示ししかも、多くの国が中国人の入国制限を行う中で日本は行わず緊急事態条項が必要しか言わ… https://t.co/ni0ToboOUE

公衆衛生学の専門家は「無意識的に顔を触ることがある。病院では、医師や看護師らに肩から上に手を上げないように指導するところもある。一般の人も、不特定多数の人が出入りする場所で手が汚れた場合は、手を洗うまでは顔をできるだけ触らないよう… https://t.co/wzvNdfgx35

#日曜討論 専門家が集まり、加藤厚労大臣も出演する中に、報ステに連日出演してる『予防医学の第一人者』のあの人の姿がない。加藤大臣に直接物申せる番組にNHKが呼ばなかったのは何でだろう(棒。一方過去にSARS対応に当たった尾身茂氏は… https://t.co/M1Uc1zmmwz

2020年2月9日サンデーLIVE!「新型コロナウィルスはたいして恐れる必要ない」派ではない、感染症の専門家を出している。肺炎症状がなく死亡する患者について言及。なぜ抗ウィルス薬が効くのか、解説。やっと本当の語るテレビ番組。まぁ一… https://t.co/2WeVxeR7ph

【新型肺炎】– 習近平の重要指示 –興梠一郎「私は”指示”を読みましたが、1/20に他地域でも広がっていると言ったことが分岐点で、メディアも専門家も情報を出し始めた。ただ、全文読んでみると下の方に【世論誘導を強化しろ】とハッキ… https://t.co/4QB8f2hVIV

@sofficek 医師が実施した場合は500点であるものを、公認心理師では200点に下げるのは意味が分からないですよね。カウンセリングの専門家であるのに。 https://t.co/drD2xx34W1

中国中央テレビの取材を受けている呼吸専門家医の王先生。感染者でも検査で30~50%しか陽性が出ないので、陰性でも感染者の場合が有って他者に移すので疑ってかかれと。症状や感染者との接触等過去の行動履歴も調査して総合的に判断しないと危… https://t.co/pqQrFd7mZY

【誰が危機を煽っているのか 政府自身ではないのか】新型肺炎「防護服は不要」を検証 感染者が拡大の一途の新型コロナウイルスだが、普通のインフルエンザ対策で防げるのに、防護服に身を包み、何やらエボラ出血熱のような異様な対応に専門家も疑… https://t.co/PSFDlYt3L7

【新規感染は減少の可能性=専門家】4日に発表された統計データによりますと、新型コロナウイルスによる肺炎感染の疑いがある人の増加数は明らかに減少傾向にあります。これについて、専門家は「感染者も減っていくだろう」との見方を示していま… https://t.co/8Tte4uRwxf

感染者の半数近くで、症状がない間に感染が広がった可能性。「2009年に流行した新型インフルエンザに近い広がり方をするのではないか」。新型肺炎に対する専門家の見方です。#新型肺炎 #コロナウイルス #武漢▶新型肺炎、収束に時間… https://t.co/edmZgqwinc

新型肺炎による中国経済への影響,今までSARSや世界不況を克服して成長してきた中国経済が,初めて経験する経済の落ち込みとなる可能性,専門家は,個人消費伸び率見通しを6.8%から5%に下方修正,第1・四半期の成長率が1%ポイント押し… https://t.co/1ARZCLd2Ft

アメブロ「新型肺炎に関してクライアントの専門家の方のブログ 」より https://t.co/C0dNxkbRTl @YouTubeより #イサヤタイシ#ART #MUSIC #現代アート #小説 #ブログ… https://t.co/KfPVNJRDWo

満員電車は「つば交換」状態 新型肺炎、移動の注意点はhttps://t.co/747NjYnXqS専門家は「過剰に反応しないでほしいが、ウイルスはつり革や手すりなどどこにでもいる。マスクをしたり、乗り物から降りた時に手洗いや… https://t.co/uKIL4aMzFc

・新型肺炎 中国の感染者2万人突破 死者は400人超・WHO 中国渡航制限の自制要請 肺炎で専門家派遣へ・グーグル 17%増収 予想下回るも動画広告は好調重要経済ニュースや企業ニュースのほかに、マーケットに影響を与える幅広… https://t.co/BYDt2y2hUD

新型肺炎に関してクライアントの専門家の方のブログ | ISAYATAISHIとヒカル薫 OFFICIALのブログhttps://t.co/WOTwczZsNI #イサヤタイシ #ヒカルカヲル#ART #MUSIC… https://t.co/SsgExsfNeT

#新型コロナウイルス肺炎 上海など各地の専門家が武漢入りして、重症患者の治療専門にもあたっています。各地のスタッフの応援もありICUなどの機能も回復してきて死亡率も下がりつつあるようですが、一部重症患者の特徴が徐々に明らかになって… https://t.co/fL2FqibVdq

新型肺炎について、「沢山の軽症例がいるはずだから、時間とともに死亡率は下がるはず」と主張する専門家がいます。2003年のSARSの時も同じ主張がありましたが、結果は逆で、グラフのように時間とともに上昇していきました。未知の事を分か… https://t.co/sj06PMS5z7

広州市疾病予防センターが新型コロナウィルス肺炎の研究過程で、患者の自宅玄関のドアノブから、新型コロナウィルスの核酸が付着しているのを発見した。専門家は頻繁な手洗い以外に、自宅の日常用品やよく手で触るスマホなどの設備の消毒も呼び掛け… https://t.co/QQ2Hv4y837

<産経新聞>【論点スペシャル】新型肺炎の感染拡大 根本的な原因と問題点を専門家に聞く https://t.co/Vd8jTxMcH1 @Sankei_news さんから石鍋圭記者さんの取材を受けました。本当に有難うございました。 https://t.co/kN2rNyFtSJ

#新型コロナウイルス肺炎 2月2日、突貫工事で作られた武漢火神山新型コロナウイルス感染肺炎専科医院がOPEN。1,400人のスタッフ投入。一般の医療施設ではなく、人民解放軍が管轄。ベッド数1,000床。軍医大系の専門家が治療にあた… https://t.co/7DOMXazO6z

全国インフルエンザ患者数(1月20〜26日)例年222万人今年65万人⇦⇦専門家→新型肺炎対策は基本的にインフルエンザ対策と同じ→インフルエンザ流行抑制にも有効に貢献している可能性→中国観光客の激減により感染拡… https://t.co/TXJQeI9UfM

新型肺炎、コンビニのマスクで防げる? 専門家に聞いたhttps://t.co/iyL6Q76EHf1週間の振り返り。みなさんは、 #マスク を正しく付けていますか?誤った使い方をすると、逆効果になるおそれも。正し… https://t.co/EOj2ky1nDz

武漢で建設された新型肺炎隔離治療施設の「火神山医院」の交付が先ほど完了した!今後人民解放軍軍医隊を含む1400名で構成された医療チームが責務を担う。医療隊の中で、小湯山医院でSARSの治療、シエラレオネやリベリアのエボラ出血熱の治… https://t.co/CBq87LlSVx

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事