• まとめサイト「In Deep」に2月1日に掲載された「…新型コロナウイルスに『HIV』…さらに『感染しても免疫を獲得できない示唆』…」
  • ・・・
  • 「…新型コロナウイルスによる肺炎の治療には“エイズ治療薬“が有効と発表 インドのデリー大学教授『コロナウイルスからHIVと同じ組成が見つかった』の発表を裏付ける結果に~ネットの反応『中国の人口ウィルス説がますます濃厚になってて笑うw』…」
  • ・・・
  • 警戒を呼びかけたと報じている…この論文の下書きは、すでに著者たちによって撤回されている
後で読む
「新型コロナウイルスに『HIV(エイズウイルス)』のタンパク質が挿入されていることをインド工科大学の科学者たちが発見」という情報がネット上で拡散。

新型コロナウイルスは「飛沫感染するエイズウイルス」などという情報も飛び交っている。

この情報は誤りだ。

BuzzFeed Newsは米国国立研究機関博士研究員として免疫学やウイルス学を専門とする峰宗太郎医師の協力を得て、ファクトチェックを実施した。

峰医師は新型コロナウイルスとHIVのタンパク質の一部の類似性があるとしつつ、あくまでこれは偶然であり、「多くの生物から同じような配列は見つかる」としている。

■「空気感染する免疫不全を起こすウィルス」といった情報が拡散 拡散しているのは「新型コロナウイルスに『HIV(エイズウイルス)』のタンパク質が挿入されていることをインド工科大学の科学者たちが発見」という情報だ。

発端となったのは、まとめサイト「In Deep」に2月1日に掲載された「新型コロナウイルスに『HIV(エイズウイルス)』のタンパク質が挿入されていることをインド工科大学の科学者たちが発見。さらに『感染しても免疫を獲得できない示唆』を中国当局が示し、事態は新たな局面に」(ママ)という記事だ。

計測ツールBuzzSumoで調べたところ、この記事はFacebookやTwitterを中心に1万5000回以上シェアされていた。

また、まとめサイト「アノニマスポスト」は2月2日、「タイ政府、新型コロナウイルスによる肺炎の治療には“エイズ治療薬“が有効と発表 インドのデリー大学教授『コロナウイルスからHIVと同じ組成が見つかった』の発表を裏付ける結果に~ネットの反応『中国の人口ウィルス説がますます濃厚になってて笑うw』」(ママ)という記事を掲載。

この記事もTwitterを中心に2000回以上シェアされている。

■情報拡散の背景に中国当局の再感染リスクへの警戒を呼びかける声明 記事が拡散した背景にあると見られているのが、中国国家衛生健康委員会が1月31日に記者会見で公表した新型コロナウイルスによる肺炎の再感染リスクに関するコメントだ。

時事通信は記者会見で中日友好医院の医師が「感染後にできる抗体には長期間持続しないものもある。一度感染し治癒した患者にも再感染のリスクがある」と語り、警戒を呼びかけたと報じている。

■記事で引用されている論文はすでに撤回済み この論文の下書きは、すでに著者たちによって撤回されている。

著者はコメント欄で、「深刻な状況を考慮して、SARSのようなコロナウイルスの急速な進化について議論を行うために、できるだけ早くBioRxivで共有しました」と論文を公開した意図を説明。

「陰謀説に食い込むつもりはなかったので、ここではそのような主張はしていません」とコメントした。

て、こう答える。

「確かにHIVのあるタンパク質のごく一部の配列に似てはいますが、似ている部分は非常に短く、偶然に生じた配列である可能性があります」 「新型コロナウイルスの配列について似ている配列をGenBankと言うデータベースで探すと、4つの配列のうち最初の3つは HIV-1 の gp120 というタンパク質のごく一部と似ている配列であることが確認できます。また、最後の1つはHIV-1 の gag というタンパク質の一部と似ています」 HIVはHIV-1とHIV-2に大きく分けられる。

東京都感染症情報センターによると、HIV-1はHIV-2に比べて感染力が強く、日本におけるHIV感染の報告例は1992年と2002年に確認された2例を除いてHIV-1の型だ。

HIV-1と新型コロナウイルスのタンパク質にはたしかに類似性が見られる。

だが、それはHIVに限ったことではないという。

続きはソースで
元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います