• 街の人を悩ます自転車の「迷惑駐輪」を撃退しようと、大阪府豊中市に新たな対策が登場しました
  • ・・・
  • アイデアを出したのはなんと小学2年生です…大阪府豊中市の小学2年・本多優人くん(8)
  • ・・・
  • 迷惑駐輪をなくすための優人くんのアイデアが、こちら!「花壇ときれいな花」…?ではなく、これは地面に書かれたトリックアート!目の錯覚を利用して絵が立体的に見える仕掛けです
後で読む
■ 小学2年生のアイデア…”幻の花壇” 街の人を悩ます自転車の「迷惑駐輪」を撃退しようと、大阪府豊中市に新たな対策が登場しました。

アイデアを出したのはなんと小学2年生です。

大阪府豊中市の小学2年・本多優人くん(8)。

迷惑駐輪をなくすための優人くんのアイデアが、こちら! 「花壇ときれいな花」…? ではなく、これは地面に書かれたトリックアート! 目の錯覚を利用して絵が立体的に見える仕掛けです。

――Q:花の絵にしようと思ったのはなぜ? 【本多優人くん】 「きれいなものの上に、物を置く人はいないから、絵にしました!」 小学生対象の「シカケコンテスト」 こちらの歩道は、大阪府豊中市の千里中央駅と直結している商業施設のそばにあり、電車を利用する人や買い物客の迷惑駐輪が非常に多い場所でした。

【豊中市都市計画推進部・松木悟さん】 「ベビーカーが通りにくかったり、車いすの方から『通りにくい』というお声もあり。 定期的に警告のチラシを貼ったり、ひどい時は撤去・保管作業をしていますけれど、なかなか減らず豊中市も苦慮していたところです」 この課題を何とかしようと、豊中市と商業施設(イオンSENRITO専門館)、そして大阪大学(仕掛学・松村真宏教授)がタッグを組み、小学生を対象に「シカケコンテスト」と題してアイデアを募集。

優人くんのアイデアが選ばれ、実用化に向けて1月から社会実験が行われているのです。

近くの会社に勤務し、よくこの歩道を通るという人たちは… 【近くの会社に勤務する人】 「最近減ってますよね、自転車。何があったんかなって思うくらい!」 「すごいですね。なかなか大人じゃ思いつかない」 ちなみに優人くん、本物の花壇でなくなぜ絵にしたのでしょうか? 【本多優人くん】 「花壇だと道が狭くなったりして、お世話も大変だから」 豊中市によると、以前は平均して50台以上あった迷惑駐輪が、実験を始めてから2割ほど減っていて、少しずつ効果が出ているということです。

元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います