• まず正午すぎに「頑張れ! ダイヤモンドプリンセス」と書かれた横断幕を船体に張った船が、停泊しているダイヤモンド・プリンセスに接近し、海側の窓がある部屋の乗客に、横断幕を見せるかのように進み、その後、離れていった
  • ・・・
  • 船には、特撮戦隊もののような赤いスーツとマスクを着用した人物が乗っており、ZARDの「負けないで」を大音量でかけながら、ダイヤモンド・プリンセスの周辺を繰り返し、周回し続けた
  • ・・・
  • また夕方には、船内で飲む真水の精製などの作業のため、3日に大黒ふ頭周辺に停泊してから3度目となる、外海に出る予定も伝えられた
後で読む
乗客が新型コロナウイルスに感染したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」を運営する、米国の船会社「プリンセス・クルーズ」が接岸する横浜・大黒ふ頭で11日、3日から検疫下にあり、船の滞在を余儀なくされている約3600人の乗客にエールを送る船が相次いで現れた。

まず正午すぎに「頑張れ! ダイヤモンドプリンセス」と書かれた横断幕を船体に張った船が、停泊しているダイヤモンド・プリンセスに接近し、海側の窓がある部屋の乗客に、横断幕を見せるかのように進み、その後、離れていった。

続いて午後12時40分ごろ、小さな船がダイヤモンド・プリンセスに接近した。

船には、特撮戦隊もののような赤いスーツとマスクを着用した人物が乗っており、ZARDの「負けないで」を大音量でかけながら、ダイヤモンド・プリンセスの周辺を繰り返し、周回し続けた。

赤いスーツを着た人物は、時折、船に向かって右手を大きく振っていた。

ダイヤモンド・プリンセスの全乗客は、5日朝から自室での待機を命じられ、この日で1週間を迎えた。

前日10日に新たに65人の感染者が確認されたことを受けて、大黒ふ頭には救急車が相次いで乗り入れ、サイレンが鳴り響き、ものものしい雰囲気となった。

正午の船内アナウンスでは、65人の感染者のうち32人が救急搬送されたことが乗客に伝えられた。

また夕方には、船内で飲む真水の精製などの作業のため、3日に大黒ふ頭周辺に停泊してから3度目となる、外海に出る予定も伝えられた。

午後1時10分ごろには、大型のバスも乗り入れ、船の近くに待機した。

【村上幸将】
元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

有志らクルーズ船周辺に応援船続々 ZARDの「負けないで」を大音量で流しながら横断幕を掲げる

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事