• 本誌記者にそう語ったのは、2月6日に有罪判決が下された沢尻エリカ(33)の兄・澤尻剣士さん(38)だ
  • ・・・
  • 妹の今後を案じていた…沢尻の更生のカギを握る、肉親のひとりだ
  • ・・・
  • じつは本誌記者と剣士さんは、以前から顔見知りだった
後で読む
「彼女にとって女優に戻ることが、いいことなのかどうか……」  本誌記者にそう語ったのは、2月6日に有罪判決が下された沢尻エリカ(33)の兄・澤尻剣士さん(38)だ。

剣士さんは、1月31日の沢尻の初公判に、証人のひとりとして出廷。

「留置中や入院中は、面会に行っていました」「僕にできることがあれば、経済的なことを含め、話を聞きながら進める」と、妹の今後を案じていた。

沢尻の更生のカギを握る、肉親のひとりだ。

じつは本誌記者と剣士さんは、以前から顔見知りだった。

剣士さんは、都内の飲食店に店長として勤めているが、2008年に彼の仕事ぶりを取材していた。

初公判後の2月某日、本誌記者が別の事件の取材で都内にいると、偶然にも歩いてくる剣士さんと出くわした。

声をかけると、初めは「僕の口からは、なにも言えません」と断わられたが、証言台に立った気持ちなどを尋ねていくと、剣士さんは少しずつ重い口を開いてくれた。

――証人として、出廷したのは大変だったのでは? 「緊張しましたよ。慣れないことですから」  長兄の剣士さんは、「澤尻家」の代表として、証言台に立った。

沢尻の父は、彼女が中学生のときに病死。

高校時代には、次兄も交通事故で亡くしており、沢尻を支えたのは母・リラさんと剣士さんだった。

その初公判で、沢尻は「兄に対しても心配や迷惑をかけ、裁判にまで来てもらい、このような思いをさせて申し訳ない」と、兄への思いを吐露するとともに、「女優への復帰は考えていません」と明言していた。

剣士さんに、沢尻の将来についても尋ねた。

――妹さんの女優復帰について、どう考えているか? 「僕は、女優はやめたほうがいいと思います」 ――「僕にできることがあれば」と証言していたが、剣士さんの店で働く可能性はある? 「働かせることまでは無理かもしれませんが、僕が支えていくことになると思います」 ――社会的に孤立させないのが大事だとされている。

妹さんと一緒に暮らす考えは? 「僕は結婚していますので、同居はわかりません」 ――妹さんは薬物をやめられるのか? 「裁判で証言したとおりで、彼女は(薬物の使用を)後悔していますから……絶対にやめさせます」  わずか5分足らずだったが、剣士さんは真摯に答えてくれた。

 出演するはずだったNHK大河ドラマ『麒麟がくる』で、沢尻の演技を見たかったという声は絶えない。

罪を償えば、必ず “復活” の道は見えてくるはずだ。

2/12(水) 6:33配信
元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います