NEWSポストセブン

安全な場所から石を投げているつもり?ネットの罵詈雑言書き込み者の末路|ネット

  • 2019年6月、舌がん闘病中のタレント・堀ちえみのブログに中傷コメントを書き込んだ50代主婦が、脅迫容疑で書類送検された
  • ・・・
  • 女性は堀のブログに繰り返し「死ね」などと投稿
  • ・・・
  • 書類送検後も…「…“殺す”とは書いていない…」などと発言
SNSなどに書き込まれる罵詈雑言。

書き込む彼らは、匿名だからと、安全な場所から石を投げているつもりだ。

が、いまの時代そうではない。

誹謗中傷した結果、どのような顛末となったのか。

それぞれのケースをお伝えする。

◆「死ね」と投稿した人を脅迫容疑で書類送検 2019年6月、舌がん闘病中のタレント・堀ちえみ(52才・写真)のブログに中傷コメントを書き込んだ50代主婦が、脅迫容疑で書類送検された。

女性は堀のブログに繰り返し「死ね」などと投稿。

書類送検後も「“殺す”とは書いていない。“死ね”でも脅迫になるんですか?」などと発言。

◆ネットに匿名性はないことが明らかに 女優の春名風花(19才)は、9才でツイッターを始めてから約10年間、劇場への爆破予告をはじめとした悪質な誹謗中傷コメントに悩まされてきた。

「ネットは匿名じゃないと示したい」と、投稿者の身元を特定する法的措置を取ることに。

2019年11月には、誹謗中傷をした投稿者の情報開示がプロバイダー側に命じられ、身元を特定。

今年1月、投稿者に慰謝料など約265万円の支払いを求めて提訴した。

✂┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈以下略 ※女性セブン2020年2月20日号
元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います