• 先月27日から川崎を拠点に地方競馬で騎乗中のフランス人ジョッキー、ミカエル・ミシェル(24)だ
  • ・・・
  • ミシェル:そう言ってもらえることは、とてもうれしいです
  • ・・・
  • ブスすぎると言われるよりは…ミシェル:馬が大好きで、それに関われる仕事はないかとインターネットで調べたところ、騎手という職業があるのを知りました
後で読む
 現在、競馬界を席巻する“美しすぎる騎手”をご存じだろうか?  先月27日から川崎を拠点に地方競馬で騎乗中のフランス人ジョッキー、ミカエル・ミシェル(24)だ。

モデル並みの美貌に加え、仏では2018年に女性年間最多勝利記録を樹立するなど世界版藤田菜七子と呼べる存在だ。

日本の芸能界からも熱い視線を浴びるミシェルのJRAジョッキーとしてのデビューは果たしていつ?  そのXデー、さらに日本への熱い思いを本紙に語ってくれた。

 ――日本では“美しすぎる騎手”と呼ばれているが  ミシェル:そう言ってもらえることは、とてもうれしいです。

ブスすぎると言われるよりは(笑い)。

 ――自分自身では何と呼ばれたい  ミシェル:フランスで3か月の間に勝ち星を量産した時、一気に駆け上がるイメージから、トルネードと呼ばれました。

そのフレーズは気に入っています。

 ――騎手になろうと思ったきっかけは  ミシェル:馬が大好きで、それに関われる仕事はないかとインターネットで調べたところ、騎手という職業があるのを知りました。

興味を持ち、この仕事をしたいと思うようになりました。

 ――騎手になる前に、厩務員をしていた  ミシェル:日本と違い、フランスでは上位のジョッキー以外は、騎手だけで食べていくのは難しい。

私も厩務員の仕事をしながら、騎手としてレースに出られる機会を探っていました。

 ――2014年に念願の騎手デビューとなったが、翌年(15年10月)には落馬で大けがをした  ミシェル:ニューカレドニアでの練習中に転倒してしまいました。

ようやく騎手になって、これからという時だったので、とてもショックでした。

 ――復帰まで1年半もの時間を要した  ミシェル:思っていたよりも治るのに時間がかかり、違う仕事を見つけなければと思うこともあったほど、つらく長い時間でした。

もう一度、馬に乗りたいという一心で、諦めず頑張りました。

 ――復帰後、18年には女性騎手の最多勝記録を更新するなど大躍進  ミシェル:17年に元ジョッキーのフレデリック・スパニュ氏に「君には騎手としてとても素晴らしい才能がある」と言われ、彼にエージェントになってもらいました。

彼の指導はとても厳しいですが、そのおかげで大きく成長できました。

 ――南関東で一緒にレースをして、うまいと思うジョッキーは  ミシェル:(笹川)翼騎手。

勝負どころからの仕掛け、追う力がすごい。

他にも南関東には、いいジョッキーが揃っていますね。

 ――よく話をするジョッキーは  ミシェル:的場(文男)さんは、よく話しかけてくれるし、アドバイスもしてくれます。

昨夏に初めてお会いしたのですが、あの年齢(63)で今もたくさんのレースをこなし、勝利しているのはすごいです。

 ――JRAの藤田菜七子騎手については  ミシェル:彼女の結果はいつもチェックしていますが、札幌(ワールドオールスタージョッキーズ)で会った後の半年で、とてもうまくなっていると感じます。

今度サウジアラビアの招待レース(28日)で会えるのが楽しみです。

 ――昨夏のWASJで来日した際には「日本に恋をした」と言っていた  ミシェル:実際に生活してみて、もっと日本のことが好きになりました。

これから文化などにもたくさん触れてみたい。

私の夢は日本のジョッキーとして長く住み続けること。

そのためにもJRAの通年免許を取得したいです。

東京スポーツ >>2に続く
元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います