• 球団側が来場者に「周りの人と距離を大きく(できれば2メートル以上)空けて」などと要請するなど厳戒態勢だったが、配布時間を約1時間半、前倒しするなどした結果、ファンの列が滞留することはなく、大きな混乱はなかった
  • ・・・
  • それでも午前7時半ごろには約1000人が列を作ったため、球団側は急きょ、配布を前倒しして開始
  • ・・・
  • 抽選券方式は、転売目的の悪質業者による指定席買い占めを防ぐために、19年から導入された
後で読む
 プロ野球・広島東洋カープの公式戦チケット購入に必要な抽選券が23日、広島市南区のマツダスタジアムで配布された。

新型コロナウイルスの感染予防のため、 球団側が来場者に「周りの人と距離を大きく(できれば2メートル以上)空けて」などと要請するなど厳戒態勢だったが、配布時間を約1時間半、前倒しするなどした結果、 ファンの列が滞留することはなく、大きな混乱はなかった。

 ◇今年は待ち時間ほとんどなく  初めてだった2019年は、4万枚の抽選券を求めて5万人以上が殺到。

1キロ以上の行列ができたうえ、受け取れなかったファンが球団側に長時間抗議し、周辺の交通が一時 まひするなどの混乱が生じた。

 そのため今回は20万枚以上の抽選券を用意し、配布時間も午前9時~午後4時に拡大。

警備員100人態勢を敷き、入退場の動線を分けるなどの対策を取った。

それでも 午前7時半ごろには約1000人が列を作ったため、球団側は急きょ、配布を前倒しして開始。

この日は約4万6000人に券を渡したが、待ち時間はほとんどない状態だったという。

 この日、訪れたファンのほとんどがマスクを着け、各所に設置されたアルコールで手を消毒する姿も目立った。

友人10人とマスクを着けて並んだファン歴45年という 女性(50)は「コロナウイルスが怖いので悩んだが、どうしてもほしい席があったので来た。抽選券の枚数が増えたのでチケットを取れる確率は下がったが、 今年も当たってほしい」と話していた。

 抽選券方式は、転売目的の悪質業者による指定席買い占めを防ぐために、19年から導入された。

今回の当選者1200人は、28日正午に球団ホームページで結果が公表され、 3月1日から窓口で入場券を購入できる。

【中島昭浩】 毎日新聞
元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事