• 前作のラストでセントラル証券に出向を命じられた
  • ・・・
  • 2013年放送の前作は右肩上がりに視聴率を上げ、最終回は平成歴代1位の視聴率42・2%をマーク
  • ・・・
  • “倍返し”が流行語となり、社会現象を巻き起こした
後で読む
7年ぶりに半沢直樹が帰ってきた。

俳優・堺雅人(46)が主演するTBS系日曜劇場「半沢直樹」(4月スタート、日曜・後9時)が23日、クランクインした。

 冷たい空気に支配された早朝の都内某所。

柔和な笑みを浮かべスタッフに「頑張りましょう」と語っていた堺が、カメラが回ると一瞬で険しい表情の半沢直樹に変身した。

舞台は東京中央銀行。

前作のラストでセントラル証券に出向を命じられた。

最初のシーンは証券マンとして、出向元の銀行から“呼びつけられる”シーンだった。

感慨深げに建物を見上げた堺も「(銀行の)バッジ一つないだけでこんなに気分が違うのだな」と漏らした。

 2013年放送の前作は右肩上がりに視聴率を上げ、最終回は平成歴代1位の視聴率42・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマーク。

“倍返し”が流行語となり、社会現象を巻き起こした。

7年ぶりの復活に「自分としては『しばらく止まっていた時計が、もう一度動き始める』感覚なのかと思っていました。ですが実際に現場に入ってみると、スタッフの皆さんの勢いがつき過ぎていると言っても良いくらい、すごかった。取り残されそうでちょっと慌てました」。

スタッフの熱気も“役作り”の背中を押した。

 新たな“仕事”は大手IT企業の敵対的買収。

ビッグプロジェクトに乗り出すが、それが銀行との“戦い”の火種になっていく。

前作に引き続く“倍返し”について堺は「(倍返しは)意地悪してくれる相手がいないとできないんですよね。共演した方々との共有物だと思っています。今回の敵も強烈で、すごい方ばかりと聞いています。皆さんと力強い“倍返し”を作っていきたいです」。

一方で「もしかすると、違うキメセリフになっているかもしれません」と意味深な笑みを浮かべていた。

元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

https://twitter.com/Ms____photo/status/1231503821676806145

https://twitter.com/shu_dan_lonely/status/1230913877581295616

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事