• 最初のシーンは、半沢が本店に向かう場面…スタッフは「これぞ半沢」とうなずいた
  • ・・・
  • 福澤監督ら半沢チームの想像以上の気合に「スタッフさんの中で半沢は生き続けていた…チームの中で半沢は成長すらしていたのかもしれない…」
  • ・・・
  • 倍返しは13年の新語・流行語大賞に輝いた…「…2作連続で流行語を狙ってるかもしれません…」とおどけつつ…「ご期待ください」
後で読む
 俳優堺雅人(46)の主演で7年ぶりに放送されるTBSドラマ「半沢直樹」(4月スタート、日曜後9・00)の撮影が23日、都内で始まった。

13年放送の前作は「倍返しだ!」の決めゼリフとともに大ヒット。

今作への期待の声に重圧を感じているかと思いきや堺は「それが…昨日はぐっすり寝てしまいました」と笑顔。

リラックスして現場に入った。

 オフィスや商業施設が立ち並ぶ都心の一角。

午前7時、移動車を降りるとスーツのジャケットに袖を通した。

そして見上げたのは、劇中に「東京中央銀行本店」として登場するビル。

前作の最終回、銀行員の半沢が大和田常務(香川照之)の不正を暴いたにもかかわらず、証券会社への出向を命じられた因縁の場所だ。

「象徴的な場所。感慨深いものがあります」。

新たな倍返しへ気合を込めた。

 福澤克雄監督らスタッフに「がんばりましょう!」と笑顔で声を掛け、撮影がスタート。

最初のシーンは、半沢が本店に向かう場面。

笑顔はすっかり消え、険しい表情で歩く。

スタッフは「これぞ半沢」とうなずいた。

 堺は現場に入るまで「しばらく止まっていた時計がもう一度動き始める感覚」と思っていた。

だが、この7年間で多くのドラマをヒットさせた、福澤監督ら半沢チームの想像以上の気合に「スタッフさんの中で半沢は生き続けていた。むしろ、チームの中で半沢は成長すらしていたのかもしれない、そう思わされたクランクインでした」と振り返った。

 今回も「倍返し」に注目が集まる。

「頑張ります。でも倍返しって、意地悪してくれる相手がいないとできないんです。だから倍返しは香川さんをはじめ共演した方々との共有物。一人で倍返しはできません。今回も強烈な敵の皆さんと力強い倍返しをつくっていきたい」と力を込めた。

 倍返しは13年の新語・流行語大賞に輝いた。

堺は「もしかすると“倍返し”なんて全然出てこなくて、全く違う決めゼリフになっているかもしれません。(脚本家は)2作連続で流行語を狙ってるかもしれません」とおどけつつ、「ご期待ください」と自信を見せた。

 ▼あらすじ 半沢は出向先の東京セントラル証券で営業企画部長に就いた。

ある日、大型の案件が舞い込む。

それは大手IT企業による敵対的買収の事案。

株式取得にかかる費用は1500億円以上で、東京セントラル証券にとってかつてない規模だった。

だが、これが出向元の東京中央銀行との新たな戦いの始まりだった。

次々に発生するトラブル、理不尽な要求をする相手に、半沢は倍返しすることができるのか。

 ▼「半沢直樹」 原作は作家池井戸潤氏の小説。

13年7月期にTBS日曜劇場でドラマ化され、銀行員の半沢(堺)が行内の数々の不正を暴き、敵をぶっ倒していく痛快な逆転劇で人気に。

オネエ言葉の金融庁検査官役の片岡愛之助(47)や、半沢の同期役の滝藤賢一(43)らの演技も大きな話題となった。

最終回の平均視聴率は42.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。

平成のドラマで1位の数字。

2020年02月24日 06:00芸能
元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事