• 本誌記者の前で、キャッシーは胸の内を語り始めた
  • ・・・
  • 80年5月19日の「アフタヌーンショー」で、彼女は佐良との関係を赤裸々に明かした
  • ・・・
  • 当時の佐良は、13年連続で紅白に出場するスター歌手だった
後で読む
国民的スター歌手だった佐良直美(75)の運命を変えた、1980年のいわゆる“レズ騒動”。

お相手のキャッシー(69)が40年越しで明かす“秘恋”とは。

 ***  本誌(「週刊新潮」)記者の前で、キャッシーは胸の内を語り始めた。

「いまはレズやゲイを隠さない時代でしょ。その意味で、私は日本でのカミングアウトの先駆者だったと思う。あの“告白”もありのままを話しただけなの」  80年5月19日の「アフタヌーンショー」(テレ朝系)で、彼女は佐良との関係を赤裸々に明かした。

当時の佐良は、13年連続で紅白に出場するスター歌手だった。

だが、キャッシーの告白以降、仕事が激減して87年に芸能界を去っている。

タレントとして人気を博していたキャッシーも騒動後にハワイへと移住し、81年にプロレスラーのヒロ佐々木と結婚。

表舞台から姿を消した。

 今回、キャッシーが取材に応じた背景には、LGBTであることを公表している娘の存在があった。

ネット上で母親について書かれた記事を発見した彼女は、その内容が母親の言い分と食い違っていることを知る。

そこで娘は“真相”を伝えたいとユーチューブにチャンネルを開設したのだ。

 キャッシーが続ける。

「高齢の両親と同居するため、日本に戻ったのは10年ほど前。騒動のことはすっかり忘れていたけど、日本ではいまだに“関係を暴露すると脅して、佐良さんにお金を請求したの?”って聞かれる。そんなことしてないから心外でね。本当のことを伝えたかった」  そもそも、ふたりは知人のタカラジェンヌの紹介で知り合い、まもなく佐良の実家で同棲を始めたという。

「専用の電話や車のカプリも買ってくれた」が、蜜月は長く続かなかった。

“段ボール箱に隠れて” 「佐良さんからあるトラブルで責められたことがあってね。それを“彼”に話したのが騒動の始まり」  相談相手は芸能リポーターの故・梨元勝氏だった。

「梨元さんとはもともと仲が良くて、最初は相手の名前を告げずにそのことだけを伝えました。そうしたら、“相手は誰なの? 佐良さん?”と尋ねてきた。その時点で彼は私たちの関係を知っていたんです。私はウソがつけない性格なので“そうです”と。私から暴露話を持ち掛けたわけではありません。ただ、そこから根掘り葉掘り話を聞かれ、“テレビに出てみようよ”って誘われて……。あんな大ごとになるなんて考えもしなかった」  だが、芸能界を揺るがす騒動の渦中でも、ふたりの恋仲は続いていたという。

「佐良さんとはTVプロデューサーの石井ふく子先生の立会いのもとで話し合いをしました。佐良さんは怒らないどころか、私が石井先生のご自宅に匿(かくま)われている間も通ってきてくれた。記者の目を盗むために“段ボール箱に隠れて行く”と言われたことも。まるで日産のゴーンさんね。ハワイに行ってからも毎日、電話をしてました。でも、騒動の翌年に私から“もうこの関係はやめよう”と伝えたんです。それ以降、電話もかかってこなくなった。ただ、結婚する時は佐良さんにも報告しています。彼女は一瞬、言葉に詰まった後で“そうなんだ”って。これが私の知る事実です」  この件について石井氏は、 「ずいぶん昔の話だし、覚えていませんよ」  一方、佐良にも取材を申し込んだがこの件について語ることはなかった。

“真実”を知るのは当事者のみ。

打ち明けるも、秘するも本人の思い次第だろう。

元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事