• マッチョ化を断罪した理由を説明していた…では、大谷の方向性は本当に間違っているのだろうか
  • ・・・
  • 「…あれくらいでマッチョというのかなという疑問が浮かびます…まだ肉的的にはノビシロがあるなという印象を受けました…マッチョだ…筋肉マンだと大騒ぎするほどではありません」専門家から見ると無謀な肉体改造には見えなかったようだ
  • ・・・
後で読む
右肘のリハビリを終え、今季から二刀流復活が期待されるエンゼルスの大谷翔平(25)がムキムキの肉体でスプリングトレーニングに登場していることがファンの間で話題になっているが、 球界の大御所、張本勲氏がTBS系列の「サンデーモーニング」内で、「あんな体を作っちゃダメ。プロレスじゃないんだから。ケガする」と発言。

ウエートトレに批判的立場だったイチローの例も出てきて、その肉体改造を巡ってネット上でも賛否両論が巻き起きている。

張本勲氏の問題の発言は、大谷がノースリーブのシャツを着て、まるでポパイのようにムキムキになった肩、腕の筋肉を披露した映像を見たところで生まれた。

「あんな体を作ってはダメ。プロレスじゃないんだから。野球に必要な体だけでいいんですよ」 さらに張本氏は、「ケガしますよ。体の大きい人は膝に負担がかかるから。まして人工芝。ケガが非常に多くなる。やってもそれ以上に走ればいいですよ。 逆だもん。上半身ばっかり鍛えてもダメ」と、マッチョ化を断罪した理由を説明していた。

ファンからの“ヤフコメ”での意見を見ていると、「すべて本人次第」「選手それぞれによって違う」「勝手な思い込みで決め付けてしまわない様に」 「張さんの主張は大谷選手も十分分かってるだろう。今年は、この体づくりでチャレンジするって決めたのだから、その大谷選手を応援してあげましょう」といった批判的な声だけでなく 「これだけは張本の言うことが正しいと思う」「ピッチャーでこの体では無理」という賛同の意見もあった。

では、大谷の方向性は本当に間違っているのだろうか。

スポーツニュートリジョンの第一人者で、フィジカルトレーナーとしてもプロレスラーの武藤敬司の指導から、今春キャンプでは阪神タイガースの特別講師も務めた「桑原塾」主宰者の桑原弘樹さんは、こんな指摘をした。

「大谷選手の実際の体もトレーニングも見ていないので詳しいコメントはできませんが、映像で見る限り、あれくらいでマッチョというのかなという疑問が浮かびます。 偶然ですが、数年前に大阪のゴールドジムで日ハム時代の大谷選手がトレーニングをしている風景を見かけたことがあり、そのときは体は大きいが、まだ肉的的にはノビシロがあるなという印象を受けました。 段階的にトレーニングをされているようですが、この映像を見る限り、ようやく体が出来上がってきたなあというのが感想です。誤解を恐れずに言うと、三頭筋がムキっと出だけで、マッチョだ、筋肉マンだと大騒ぎするほどではありません」 専門家から見ると無謀な肉体改造には見えなかったようだ。

2/24(月) 7:12配信 THE PAGES 写真 【張本勲】<筋骨隆々の大谷翔平のボディーに苦言>「ダメだねプロレスじゃないんだから。野球に必要な体だけでいい」「ケガします」★2
元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事