• ウサイン・ボルトが100m走の世界記録を樹立したレースでの60m時点での記録は6.34秒である
  • ・・・
  • ハーランドは22日に行われたブンデスリーガ第23節のブレーメン戦に先発出場
  • ・・・
  • このゴールにより、19歳のハーランドはブンデスリーガのデビューから6試合で9ゴール目
後で読む
今シーズン、レッドブル・ザルツブルクの選手として欧州CLで8ゴールを挙げて話題となったFWエルリング・ブラウト・ハーランド。

2019年12月29日、ボルシア・ドルトムントへ移籍したノルウェー代表FWは、2月18日に行われたCLラウンド16のPSG戦でも大活躍した。

未だ満足しない怪物ハーランド 敵将も「動物だ」と称賛 強敵相手に2ゴールを奪いチームを勝利に導いたのも去ることながら、脚光を浴びたのは彼の驚異的なスピードも同じである。

194cmと大柄な体躯からは想像もつかないほどのスピードと瞬発力を披露している。

19歳の若きフォワードは、前半14分、カウンターアタックのために自陣ゴール前から60mもの距離をスプリントで一気に駆け上がった。

このシーンは得点には結びつかなかったものの、彼のスプリントは会場を沸かせた。

メディア『Sky Italia』は、このシーンを振り返り、ハーランドが60mをわずか6.64秒で駆け抜けたと報じている。

ウサイン・ボルトが100m走の世界記録を樹立したレースでの60m時点での記録は6.34秒である。

194cmの長身を誇るハーランドは、優れたストライカーであると同時に、世界有数のスプリンターなのである。

3月11日にはパルク・デ・プランスで2ndレグが行われるが、勢いに乗ったドルトムントを相手にPSGがどう戦うかに注目したい。

2/21(金) 8:54配信 スポルト 写真 怪物は誰にも止められないのだろうか。

ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが再び歴史を作った。

ハーランドは22日に行われたブンデスリーガ第23節のブレーメン戦に先発出場。

66分にチームの2点目を記録し、0-2での勝利に貢献した。

このゴールにより、19歳のハーランドはブンデスリーガのデビューから6試合で9ゴール目。

これは長いブンデスリーガの歴史上初の記録となった。

デビュー戦のアウグスブルク戦で34分の出場でハットトリックを記録して以降、ケルン戦は25分の出場で2ゴールを記録。

この活躍で先発の座を掴んでいた。

◆ハーランド、ブンデスリーガの歴史 1月18日:vsアウグスブルク/3ゴール 1月24日:vsケルン/2ゴール 2月1日:vsウニオン・ベルリン/2ゴール 2月8日:vsレバークーゼン/0ゴール 2月14日:vsフランクフルト/1ゴール 2月22日:vsブレーメン/1ゴール 2/23(日) 18:15配信
元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事