• スアレスとロバートソンがベンチ裏で衝突 “とあるシーン“に不服かリヴァプールの左SBアンドリュー・ロバートソンは、同試合開始直後に後方からのハードタックルでレオ・メッシを襲撃すると、それでけでなく彼は立ち上がったメッシの後頭部を叩いた
  • ・・・
  • その一件から9ヶ月後、ロバートソンは『Daily Mail』のインタビューでメッシに謝罪し、逆転するには全てを行う必要があったと述べた
  • ・・・
  • ロバートソンは自身の行為を詫びている…ロバートソンの行動に注意や警告をすることもなかった
後で読む
2019年5月7日、FCバルセロナは、チャンピオンズリーグ準決勝2ndレグでアンフィールドのリヴァプールの前に3-0のアドバンテージを生かせずに散った。

スアレスとロバートソンがベンチ裏で衝突 “とあるシーン“に不服か リヴァプールの左SBアンドリュー・ロバートソンは、同試合開始直後に後方からのハードタックルでレオ・メッシを襲撃すると、それでけでなく彼は立ち上がったメッシの後頭部を叩いた。

その一件から9ヶ月後、ロバートソンは『Daily Mail』のインタビューでメッシに謝罪し、逆転するには全てを行う必要があったと述べた。

「あのような行為を恥ずかしく思うし、見たくなもない」と過ちを認め、ロバートソンは自身の行為を詫びている。

「彼が世界最高の選手だと説明する必要もない。僕は彼とバルセロナをリスペクトしているが、 僕らは3点のビハインドをひっくり返すつもりで試合に臨んだ。僕たちは奇跡が必要だった、特別な何かが必要だったんだ。その小さな行動が世界最高のプレーヤーを遅らせたりすることが条件でもあった」 驚くべきことに、当時の試合を担当したトルコ人レフェリーのジュネイト・チャクルは、ロバートソンの行動に注意や警告をすることもなかった。

メッシは主審に説明を求めたが、スコットランド人DFを罰することなく試合は進行された。

そしてブラウグラナはあの夜に悲劇を味わう事となった。

ロバートソンは4-0で勝利したアンフィールドの奇跡について、「僕たちの前に立ちはだかる者は何も、誰もいなかった。僕たちはファンと皆でそれを創り上げた。あの雰囲気は凄まじかった」と振り返っている。

2/24(月) 8:54配信 写真
元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事