• 八百長は18レースに上っており…容疑者は数千万円の報酬を受け取っていたという
  • ・・・
  • 渡辺直美や田中圭のCMで競艇の売り上げが倍増?大手メディアも報道に及び腰に「ギャンブルにまったく興味がない人には驚きでしょうが、ボートレースはここ10年ほど売り上げが右肩上がりに伸びていて、公営ギャンブル全盛期に届かんばかりの勢いです
  • ・・・
後で読む
競艇で八百長が発覚し、元ボートレーサーが逮捕される事件が発生。

八百長が事実なら、公営ギャンブルの根幹にも関わる大問題だが、なぜか報道はあまり盛り上がらない。

八百長の疑いで逮捕されたのは、昨年選手を引退した西川昌希容疑者だ。

その手口をギャンブルライターが解説する。

「競艇は6艇で争われますが、1番内側の1号艇が圧倒的に有利で、勝率は5割以上になります。そのため西川は1号艇で出走した際にわざと負け、確定オッズを高くしていました。 3連単は120通りありますが、1人が着外になることがわかっていれば、60通りの舟券を買えば必ず当たります。1号艇が着外ならオッズが跳ね上がるので、60通り買っても元が取れるという寸法です」 逮捕時の報道によれば、八百長は18レースに上っており、容疑者は数千万円の報酬を受け取っていたという。

彼に金を投じた競艇ファンにしてみれば、はらわたが煮えくり返る思いだろうが、「これ以上の大ニュースにならない」と語るのは、広告代理店の関係者だ。

渡辺直美や田中圭のCMで競艇の売り上げが倍増?大手メディアも報道に及び腰に 「ギャンブルにまったく興味がない人には驚きでしょうが、ボートレースはここ10年ほど売り上げが右肩上がりに伸びていて、公営ギャンブル全盛期に届かんばかりの勢いです。スマホやパソコンで買えるようになったのも大きな理由ですが、芸能人を使った広告効果が絶大で、テレビや雑誌、新聞にはボートレースの広告がガンガン入っています。渡辺直美や田中圭を起用したCMが大量に流れているのを見たことがある人も多いでしょう。 『競艇』という単語を一切使わず、必ず『ボートレース』と呼ぶことでイメージアップ作戦を展開し、それが成功したのに、大広告主の売り上げが落ちれば、広告出稿も減ってしまうかもしれませんから、こうなると大手メディアの報道は淡々としたものです」 普段は鋭く切り込むマスコミもスポンサーには弱いということ。

ただし八百長が事実なら、西川選手には厳しい未来が待ち受けている。

フリーのジャーナリストはいう。

「まだ裁判はこれからですが、八百長をやっていた回数や受け取った金額の大きさを考えると、実刑判決が下るのは間違いないでしょう。モーターボート競争法で不正行為は5年以下の懲役という重罪ですし、有罪が確定すれば『日本モーターボート競走会』莫大な額の損害賠償も請求されるでしょう」 競艇は賞金ランキング100位レベルの選手でも獲得賞金(年度)が3000万円を超える世界。

なぜ、まともに勝負に挑む姿勢を失ってしまったのだろうか。

(2020/02/24 10:33)
元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事