• 21日のスペイン1部リーグ第25節ベティス戦で大活躍したマジョルカのブディミール、クチョ・エルナンデス、久保建英の攻撃3選手について、マジョルカの地元紙ウルティマ・オラ電子版は23日、それぞれの頭文字を取って「BCK」と名付け、ビセンテ・モレノ監督が新たなトリデンテを手に入れたと伝えている
  • ・・・
  • ブディミール、クチョ・エルナンデス、久保建英は3人で、1部リーグのチーム総得点の半分となる通算13ゴールを決めているだけでなく、アシストを5回記録し、シュートを68本打ってチームの攻撃に大きく貢献している
  • ・・・
  • 今後に向けて大きな期待を寄せていた
後で読む
久保建英ら強力マジョルカ攻撃トリオにBCKの愛称 21日のスペイン1部リーグ第25節ベティス戦で大活躍したマジョルカのブディミール、クチョ・エルナンデス、久保建英の攻撃3選手について、 マジョルカの地元紙ウルティマ・オラ電子版は23日、それぞれの頭文字を取って「BCK」と名付け、ビセンテ・モレノ監督が新たなトリデンテ(みつまたの矛)を手に入れたと伝えている。

3選手はベティス戦で、それぞれが異なる役割を果たしながらゴールを記録しチームは3-3で引き分けた。

ブディミール、クチョ・エルナンデス、久保建英は3人で、 1部リーグのチーム総得点の半分となる通算13ゴールを決めているだけでなく、アシストを5回記録し、シュートを68本打ってチームの攻撃に大きく貢献している。

ブディミールのここまでのリーグ戦通算成績は24試合(先発24試合)1986分出場、9得点2アシスト、シュート33本。

シーズン開幕よりチームのエースとして君臨し、ビセンテ・モレノ監督に欠かせない絶対的なレギュラーとなっている。

クチョ・エルナンデスは10試合(先発6試合)641分間出場、2得点1アシスト、シュート17本。

長引くけがによりチームへの合流が大幅に遅れて出場数は少ないものの、 第24節アラベス戦でマジョルカ初得点を記録すると、ベティス戦では2戦連続となるゴールを素晴らしいボレーシュートでマークした。

久保のリーグ戦成績は22試合(先発11試合)1259分出場、2得点2アシスト、シュート18本。

ウルティマ・オラ紙は、「先発出場もゲームに影響を与えることもない暗闇の中の1カ月後、 タケ・クボに火がついた。アラベス戦で再び活発な動きを見せると、ベティス戦ではマジョルカの3ゴールの主役となった」と大絶賛し、今後に向けて大きな期待を寄せていた。

マジョルカは次節、3月1日にヘタフェとホームで対戦するが、ビセンテ・モレノ監督が再びこの3選手を同時起用するかに注目が集まることになる。

(高橋智行通信員) 2/24(月) 10:34配信 写真
元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事