• 大邱市は、中区啓明大学大邱東山病院に246床、西区の大邱医療院に274床など、計520床を確保した
  • ・・・
  • 大邱市関係者は…「…病床の確保が急がれる…」と述べた
  • ・・・
  • 医療陣の不足も問題だ
後で読む
コロナ統一まで24H  全国で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の患者が続出しており、各地で病床の確保に赤信号が灯った。

患者数が爆発的に増えている大邱(テグ)・慶尚北道地域は病床の追加と医療スタッフの確保が急がれる状況だ。

 23日、中央防疫対策本部と各地方自治体の状況を総合すると、同日午前、大邱地域の患者は302人と集計された。

大邱市は、中区(チュング)啓明大学大邱東山病院に246床、西区(ソグ)の大邱医療院に274床など、計520床を確保した。

大邱市関係者は「短ければ3日、長ければ7日程度なら患者を収容できる。来月3日までに大邱医療院に84床を増やす予定だが、それだけでは不十分だ。病床の確保が急がれる」と述べた。

 医療陣の不足も問題だ。

同日午前11時、軍医官を含めて医師38人と看護士59人、放射線技士2人、臨床病理士2人などの医療人員101人が大邱に到着し、大邱東山病院と大邱医療院に配置されたが、市はさらなる医療陣の確保が急がれると述べた。

クォン・ヨンジン大邱市長は同日「来週になれば病床と医療人材の不足はもちろん、医療機関の防疫や医療陣の保護具、患者の食事、廃棄物処理など全般的な防疫物資が底をつく。政府が積極的に支援してほしい」と訴えた。

大邱地域の総合病院に設けられた陰圧病床65床のうち、利用できる40床はすでに満杯だ。

 慶尚北道地域も状況はあまり変わらない。

慶尚北道では同日午前時点で158人の感染が確認されており、彼らと接触した人も1351人に達する。

慶尚北道は患者約90人を清道デナム病院に、残りを浦項(ポハン)や安東(アンドン)、金泉(キムチョン)にある都立医療院3カ所に99の病床を確保して収容中だ。

慶尚北道は患者の増加傾向を考慮し、28日までに医療院3カ所全体を再配置し、823の病床を追加確保するという計画だが、医療陣の確保に苦戦している。

慶尚北道地域の陰圧病床も東国大学慶州病院と浦項医療院などに7カ所だけであり、いずれも感染患者で満杯の状態だ。

慶尚北道は、政府に他の地域の陰圧病床を活用する案や軍医療陣の支援などを提案した。

 他の地域も病床の確保に奔走している。

同日まで患者27人が出たソウル市は、完治後退院した7人を除いた20人を中央大学病院(1人)やソウル大学病院(5人)、ソウル医療院(7人)、国立中央医療院(7人)に入院させて治療している。

ソウル市は現在、31の国家指定の隔離病床に地域拠点病院の陰圧病床16床を追加で動員した後、状況が深刻になると、ソウル医療院との西南病院の全体を空けて353の病床を確保する計画だ。

 患者が3人発生した大田(テジョン)では、忠南大学病院に11の陰圧病床を確保し、以降、忠南大学病院3階を専門病院として活用する計画だ。

忠清地域は檀国大学天安病院の7床など、忠南地域の陰圧病床30床を活用できる。

6人の感染が確認された光州(クァンジュ)市も、さらなる患者の発生に備え、全南大学病院、朝鮮大学病院にある国家指定の隔離病床12床のほかに光州基督病院や光州報勲病院など医療施設7カ所に陰圧病床19床を確保して運用する計画だ。

ピッコウル全南大学病院など2カ所も、感染病専門病院に指定するため、保健福祉部に関連事項を要請した。

患者が2人である済州道は、済州大学病院に陰圧13床と1人病床35床を確保した。

慶尚南道は患者14人を馬山医療院や晋州慶尚大学病院、梁山釜山大学病院、昌原慶尚大学病院に入院させ、集中治療を実施しているが、患者数が増えれば馬山医療院全体を感染病専門病院として運営する計画だ。

元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事