• その後、司法修習も修了してからからテレビ朝日に入局した経歴を持っている
  • ・・・
  • 現在はテレビ朝日の法務部に籍を置き、離婚訴訟でも代理人は立てずに自ら戦ったという
  • ・・・
  • NHKをも巻き込んだ、女子アナ不倫騒動…闘争はどこで決着を見せるのかーー
後で読む
2020年2月19日発売の『週刊新潮』(新潮社)が奇妙な裁判を報じている。

その裁判とは、テレビ朝日の元アナウンサー・西脇亨輔氏がNHKを提訴した案件。

西脇氏の妻は、討論番組『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日系)の進行役で現在、政治部に勤務する村上祐子元アナで、19年4月、『週刊ポスト』(小学館)にNHK記者とのお泊り愛を報じられていた。

つまり、夫の西脇氏が、妻の不倫相手の勤務先のNHKを訴えた、ということになる。

そもそも西脇氏と村上元アナは5年ほど前に別居し、離婚調停を申し立てていたという。

調停が不調で、次に訴訟に踏み切ったが、その最中に『週刊ポスト』の報道が世に出てしまい、これを受けて西脇がNHK記者を提訴。

さらにNHK本体を提訴したわけだが、『週刊新潮』によると今回は、使用者責任の論法だという。

「村上元アナとNHK記者はそれぞれ政治部の記者として取材活動をしています。職務である情報交換の中で仲を深めてしまいました。仕事の過程で不法行為ともとれる関係が生じたのであれば、使用する会社にも責任はあるだろうという理屈です」(芸能記者) 西脇氏は東大法学部卒業で在学中に司法試験に合格。

その後、司法修習も修了してからからテレビ朝日に入局した経歴を持っている。

現在はテレビ朝日の法務部に籍を置き、離婚訴訟でも代理人は立てずに自ら戦ったという。

NHKをも巻き込んだ、女子アナ不倫騒動。

闘争はどこで決着を見せるのかーー。

■村上元アナだけじゃない! 女子アナの泥沼離婚騒動 離婚をめぐるゴタゴタの最中に不倫が発覚してしまったのは村上元アナだけではない。

フジテレビの秋元優里元アナウンサー(36)もその1人だ。

2018年1月10日発売の『週刊文春』(文藝春秋)が報じたものだ。

「当時の報道によると、秋元元アナは、2016年秋に不倫疑惑が報じられたのと同じ、フジテレビの40代のプロデューサーと密会を続けていたそうです。『週刊文春』は箱根湯本への不倫旅行なども報じていますが、中でも世間の関心を引いたのはクリスマス夜の“竹林”車中密会です」(芸能ライター) 秋元元アナは16年11月に別居と離婚危機を週刊誌に報じられたのだが、それは不倫関係を当時の夫である生田竜聖アナ(31)が知ったためと噂されていた。

そして、すっぱ抜かれた竹林密会。

結局、生田アナとの離婚は2018年4月に成立し、秋元元アナも2019年7月に総合事業局コンテンツ事業室に異動した。

■今も尾を引く“泥沼不倫劇” ニュース番組『報道ステーション』(テレビ朝日系)でキャスターを務める徳永有美(44)は2003年に内村光良(55)との不倫が発覚した。

「徳永さんは同期入社のディレクターと2001年7月に結婚しましたが、2003年に内村さんとの不倫が発覚。当時担当していた『内村プロデュース』『スーパーモーニング』(いずれもテレビ朝日系)を降板させられました。内村さんも、これが原因で『内村プロデュース』が終了することになったのではないかと噂されました」(キー局関係者) 徳永は2003年9月に離婚。

内村とは2005年に結婚した。

さらには2009年に長女、2013年に長男を授かっている。

すでに過去の泥沼劇と言えそうだが、どうやら今でも尾を引いている。

「内村さんと徳永さんは略奪婚。ましてや徳永さんの当時の夫はテレビ朝日の局員なので、内村さんはまだテレ朝“出禁”のままなんですよ。テレ朝が内村さんの出演をNGにしているわけではなく、オファーしにくい状態なんでしょう。今だ、テレ朝内では、徳永と元夫が顔を合わせないようにみな、配慮しているという話ですからね……」(前出のキー局関係者) 今や『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)など、出演番組が軒並み高視聴率の内村。

NHK紅白でも3年連続総合司会を務める当代きっての人気者に、テレビ朝日がオファーする日は来るのだろうか……?  2020.02.24 07:28 日刊大衆
元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事