• 新年度予算案について、衆議院予算委員会の理事会で、与党側は「審議が尽くされつつある」として、27日の午後、締めくくりの質疑を行ったあと、採決したいと提案しました
  • ・・・


  • これに対し、野党側は「審議すべき問題が山積しており、時期尚早だ」などとして、採決には応じられないと反対し、引き続き協議することになりました
後で読む

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事