• 三菱UFJ銀行は25日、東南アジアにおけるスーパーアプリ事業者「Grab Holdings」と戦略的提携契約を締結し、資本・業務提携した
  • ・・・
  • 同行は、三菱UFJ イノベーション・パートナーズとKrungsri Finnovateと共に、GrabへMUFG 全体で最大706百万米ドル(約783億円)の出資を予定している
  • ・・・
  • Grabは、東南アジアで配車・フードデリバリー、デジタル決済などの日常的なデジタルサービスを提供している企業で、数千万人のアクティブユーザーや数百万人のドライバーとの接点を有している
後で読む
東南アジアのスーパーアプリ「Grab」に三菱UFJ銀行らが783億円出資 臼田勤哉2020年2月25日 18:24 三菱UFJ銀行は25日、東南アジアにおけるスーパーアプリ事業者「Grab Holdings」と戦略的提携契約を締結し、資本・業務提携した。

同行は、三菱UFJ イノベーション・パートナーズとKrungsri Finnovateと共に、GrabへMUFG 全体で最大706百万米ドル(約783億円)の出資を予定している。

Grabは、東南アジアで配車・フードデリバリー、デジタル決済などの日常的なデジタルサービスを提供している企業で、数千万人のアクティブユーザーや数百万人のドライバーとの接点を有している。

スマートフォンアプリ上で収集した、ドライバー、加盟店、ユーザーのデータをAI技術を活用して分析した、新たな金融サービスを提供している。

MUFGは 東南アジアにおけるパートナーバンク(PB)であるタイのBank of AyudhyaやインドネシアPT Bank Danamon Indonesiaらと協力。

戦略的出資を通じて、東南アジアにおけるビジネスプラットフォームを構築し、同地域の事業を強化していく。

MUFGの金融知見・ノウハウ(金融商品開発力、信用力およびリスク管理力など)と、Grabのデータ活用ノウハウを掛け合わせ、Grabのサービス利用者やドライバーなどに新たな金融サービスを提供。

また、東南アジアにおける取組・経験を活かし、MUFGのビジネスモデルの進化、次世代デジタル金融サービスの実現に向けた取組の加速にもつなげる。

元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事