• 女優の比企理恵が、8月2日から12日まで東京・東京建物 Brillia HALLほかで上演されるブロードウェイミュージカル『ピーターパン』にダーリング夫人役で出演することが発表された
  • ・・・
  • 今回のダーリング夫人を演じる比企理恵は、『ピーターパン』日本上演2年目からウェンディとして出演し、その後ダーリング夫人も務めるなど、『ピーターパン』を良く知るベテランだ
  • ・・・
  • なお、23日で出演全キャストが発表された
後で読む
ブロードウェイミュージカル『ピーターパン』にダーリング夫人役で出演する比企理恵。

 女優の比企理恵が、8月2日から12日まで東京・東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)ほかで上演されるブロードウェイミュージカル『ピーターパン』にダーリング夫人役で出演することが発表された。

 今年は、製作であるホリプロの創業60周年の記念の年であり、また、ミュージカル『ピーターパン』の上演は40年目を迎えるという大事な節目となる公演。

主人公のピーターパンを演じるのは、今回は4度目となる吉柳咲良。

そしてフック船長は松平健が演じる。

今回のダーリング夫人を演じる比企理恵は、『ピーターパン』日本上演2年目からウェンディとして出演し、その後ダーリング夫人も務めるなど、『ピーターパン』を良く知るベテランだ。

 比企は「『ピーターパン』は非常に縁がある作品ですが、まさかまた出演できるなんて思ってもみなかったです。40年目という記念の年に、ダーリング夫人として関わることができること、そして今回は、以前に舞台『奇跡の人』を拝見して“なんてすごい才能の持ち主なんだろう”と思った森新太郎さんの演出を受けられること、森さんから私の名前が挙がったということも聞いて、また新しいピーターパンに出会えることは、二重も三重も嬉しく感じています。そして今回の東京公演は、編曲が変わって、久しぶりの生オーケストラ演奏と聞きました。もう嬉しすぎて、やる気満々です!」と今回の出演についての喜びを語る。

 『ピーターパン』の縁について「上演2年目から6年間、(榊原)郁恵さんのピーターパンとウエンディとして共演し、その後、2000年から10年間ダーリング夫人を演じてきました。その間、ダーリング夫人と共にジェーンも演じさせていただいた時もあり、ピーターパンに関わった誰よりもフライング経験があるのかな…(笑)。何人ものピーターパンと共演することができたこと、出演していない時は、ほぼ毎年、観劇していたので何人もピーターパンを見てきたことが、今回、役に立つといいなと思います」とこれまでの出演の歴史に想いを馳せる。

 そして「咲良さん、美山さん、宮澤(佐江)さんとは、初共演です。松平さんとは舞台で共演させていただき、マツケンサンバも踊らせて頂いた経験があります (笑)。今回は夫婦として共演できることは楽しみにしています」と共演者について語り、「どの劇場でも、最後のカーテンコールのピーターパンが飛ぶ時に、お客様の嬉しそうな顔を見ることができるんです。ああ、本当に演じていてよかったなあと思ってきました。今回もいろいろな劇場で届けられることは楽しみですし、これからもいろいろなところで上演してほしい作品です」と改めて今作への想いを語った。

 なお、23日で出演全キャストが発表された。

新たに発表されたウェンディ役の美山加恋は、新演出家の森新太郎が、美山の様々な映像を目にするなかで、熱烈なオファーを出したという。

また海賊役の笠原竜司、ナナ役の三浦莉奈は昨年からの続投、そのほかの海賊・インディアン・ジョン・マイケル役は演出の森をはじめとするスタッフがオーディションによって選出した。

2/23(日) 12:13配信
元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事