• 絶対に命中する時のみ発砲するのだ…スマートシューター社もこのコンペに参加しており、代表的な銃器メーカーのシグ・ザウエル社と提携し、コンペの最終フェーズに臨んでいるところだ
  • ・・・
  • この状態だとトリガーを引いても、いきなりは発砲されない
  • ・・・
  • 発砲されるのは、射線がきちんと合っているときだけだ
後で読む
今、米軍では、次世代兵器用の技術を評価している最中だ。

それはイスラエルの企業、スマートシューター社が開発した絶対に当たるスマートシューター・テクノロジーで、「SMASH火器管制システム(SMASH Fire Control System)」という。

1月下旬に開催された「SHOT Show 2020」のレンジデイで発表されたSMASHは、固定ターゲットだろうと移動ターゲットだろうと、さらには昼夜を問わず、射手をアシストして一撃必中の射撃を可能にする。

絶対に命中する時のみ発砲するのだ。

■ 次世代分隊用兵器に搭載する火器管制システムのコンペ 昨年夏、米軍は軍事企業を募り、次世代分隊兵器(NGSW)に搭載される先端火器管制システムの設計・開発コンペを開催した。

6.8ミリ口径のNGSWは、現在歩兵をはじめとする白兵戦部隊が採用するM4A1やM249の後継で、小銃や自動小銃といったいくつかのバージョンがある。

スマートシューター社もこのコンペに参加しており、代表的な銃器メーカーのシグ・ザウエル社と提携し、コンペの最終フェーズに臨んでいるところだ。

■ ターゲットをロックオンし、絶対に当たるときにだけ発砲 SMASHは照準とグリップで構成されるシステムで、その特徴は、ハンドガードの部分に内蔵されたロックボタンにある。

光学照準を覗きながらクロスヘアをターゲットに合わせ、ロックボタンを押すと、ターゲットに小さな四角いマークが付く。

するとその情報が内臓コンピューターに送られ、ターゲットをロックオンできる。

この状態だとトリガーを引いても、いきなりは発砲されない。

発砲されるのは、射線がきちんと合っているときだけだ。

ロックオンした後でターゲットが移動してしまったなら、照準内のクロスヘアがターゲットに合うよう追い続ければいい。

射線が合った途端、必中の一撃をお見舞いしてくれる。

このような正確な射撃よりも、とにかく早く撃つ必要があるのなら、ロックオン機能を使わなければいい。

これならトリガーを引いた瞬間、普通の銃と同じように発砲される。

■ 採用されれば2023年から実戦配備 5分もあれば覚えられる簡単操作で、誰にでも一撃必中の射撃が可能になるスマートシューター・テクノロジーは、現時点では、コンペに参加する他のライバル技術と競い合っている最中で、実際に採用されるかどうかは不明だ。

だがもし見事、米軍のお眼鏡にかない採用が決まれば、SMASHは2023年第1四半期から、歩兵旅団のNGSWに搭載されることになるそうだ。

元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事