• 2030年冬季五輪招致を目指す札幌市に対し、1998年長野冬季五輪で使用したそり競技施設「スパイラル」を所有する長野市が、施設を貸し出し五輪開催に協力することで一致し、文書を取り交わす方針であることが18日分かった
  • ・・・
  • 製氷の開始時期や維持管理、五輪後の活用などは協議する
  • ・・・
  • 長野市スポーツ課は「調整中」としている…長野市の直接的な負担は現時点で想定していないと明らかにした
後で読む
札幌五輪でスパイラル活用 30年冬季招致 長野市が協力  2030年冬季五輪招致を目指す札幌市に対し、1998年長野冬季五輪で使用したそり競技施設「スパイラル」を所有する長野市が、施設を貸し出し五輪開催に協力することで一致し、文書を取り交わす方針であることが18日分かった。

正式に協力関係を定め、札幌市が国際オリンピック委員会(IOC)などにスパイラル活用による五輪開催を説明できるようにする。

製氷の開始時期や維持管理、五輪後の活用などは協議する。

 日本オリンピック委員会(JOC)は1月末の理事会で、札幌市を30年冬季五輪の国内候補地に正式決定。

同市スポーツ局は18日の取材に、IOCとの対話が今後本格化することを念頭に「長野市と何らかの取り決めが必要」とし、取り交わす文書の中身を詰めていると明らかにした。

長野市スポーツ課は「調整中」としている。

 札幌市はまた、五輪開催が決まった場合の大会費用は「基本的に大会組織委員会の予算で賄う」と説明。

長野市の直接的な負担は現時点で想定していないと明らかにした。

 札幌市は地元にそり競技施設がなく、19年7月に石川敏也・副市長が協力要請のため長野市役所を訪問。

応対した加藤久雄市長は協力に前向きな姿勢を示す一方、市の費用負担が増えないことを札幌市に協力する「条件」としていた。

 スパイラルを巡り、長野市は年間約2億2千万円(市負担分約1億2千万円)の維持管理費を理由に17年度で製氷を休止。

現在は雪のない時期のノルディックウオーキングコースとし、維持管理費を抑えている。

元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事