• TBSで4月にスタートする日曜劇場『半沢直樹』
  • ・・・
  • 前作と同じく池井戸潤の『半沢直樹』シリーズから「ロスジェネの逆襲」と「銀翼のイカロス」を原作としている
  • ・・・
  • 主人公の半沢直樹を演じるのは、前作に引き続き堺雅人
ソースは速報又はツイッター等
後で読む
「今回は、劇中の「奥様会」のような世界を、よりリアルなものに感じながら、花を演じられるのではないかと思います」(上戸彩) TBSで4月にスタートする日曜劇場『半沢直樹』。

前作と同じく池井戸潤の『半沢直樹』シリーズから「ロスジェネの逆襲」と「銀翼のイカロス」(ダイヤモンド社/講談社文庫)を原作としている。

主人公の半沢直樹(はんざわ・なおき)を演じるのは、前作に引き続き堺雅人。

前作では「やられたらやり返す。倍返しだ!」の決めゼリフが社会現象になるほどの熱演を見せた堺。

その後もNHK大河ドラマ『真田丸』(2016年)で主演を務めたほか、ドラマや映画、CMなど様々なジャンルで活躍している。

そんな堺が扮する半沢が、平成から令和に変わった、あらたなフィールドに満を持して帰ってくる。

そして堺に続き、前作に登場した半沢の妻役で、上戸彩の続編への出演が決定した。

上戸が演じるのは、前作同様、不正を働く個人の謀略、理不尽な組織の理屈と真っ向からぶつかり合う半沢を献身的に支える、夫思いの妻・半沢花(はんざわ・はな)。

閉鎖的・封建的な男社会の中で繰り広げられる激しい戦いを描いた前作で、時に優しく、時に厳しく夫を励ます彼女の存在と視点は、作品にとってとても貴重であり欠かせない存在であった。

そして、弁の立つ半沢が“唯一かなわない相手”でもあり、半沢に対して口うるさく言うこともあるが、その明るさは彼の救いにもなっていた。

また、愛する夫の力になろうと、半沢の敵である浅野支店長(石丸幹二)の妻・利恵(中島ひろ子)らが開く「奥様会」に、本心では苦手と思いながらも参加し情報収集に奔走。

さらにアルバイトを始めて、夫に新しいカバンをプレゼントするなど、懸命なサポートに胸を打たれた視聴者も多かっただろう。

今回の続編でも、彼女がどのようにして夫を支え、存在感を発揮するのか大いに期待がかかる。

前作から今作までの間に2児の出産を経た上戸。

女優として、そして母として、彼女が見せるあらたな表情にも注目だ。

【STORY】 「半沢直樹、東京セントラル証券への出向を命ずる――」 東京中央銀行のバンカー・半沢直樹が、銀行内で行われていた数々の不正を明らかにするも、まさかの子会社への出向を命じられるという衝撃の展開で最終回を終えた前作。

今作では、東京セントラル証券で営業企画部長となった半沢に巻き起こる事件を描く。

あるとき、東京セントラル証券に大型案件が舞い込む。

それは、ある大手IT企業による敵対的買収で、株式取得に掛かる費用はなんと1,500億円以上。

東京セントラル証券にとって、かつてない規模の案件だった。

そして、これがあらたな銀行との戦いの始まりになるとは、このときの半沢は知る由もなかった……。

果たして半沢は、出向先でも次々に発生するトラブルを乗り越え、理不尽な要求を突き付ける相手に「倍返し」できるのか!? 型破りのバンカー、半沢直樹のあらたな伝説が、令和の歴史に刻まれる! (C)TBS ■
ソースは速報又はツイッター等
元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事