• 野村さんには、前妻との間に生まれた長男、妻の故・沙知代さんの連れ子で養子の団野村氏(62)、ケニー野村氏(60)、そして沙知代さんとの間に生まれた克則氏(46)と、4人の息子がいる
  • ・・・
  • 野村家親族の関係者が、内情を吐露する…「じつは、野村さんの財産分与以前に、2017年12月に急死した沙知代さんの遺産分割で揉めていて、いまだに解決していないんです
  • ・・・
  • この沙知代さんの相続問題が解決しても、野村さんの遺産相続が控えている
後で読む
資産家が亡くなると、著名人であればあるほど、財産分与で揉めることが多い。

2月11日に虚血性心不全で亡くなった野村克也さん(享年84)の場合も、雲行きが怪しくなっているという。

 野村さんは、現役時代と監督時代の年俸に加え、解説者としてのギャラや講演料などで、生涯収入は50億円を超えるといわれる。

さらに田園調布に豪邸を構えており、莫大な財産をめぐっての遺産相続争いが起きる条件は、整っているというわけだ。

 野村さんには、前妻との間に生まれた長男、妻の故・沙知代さんの連れ子で養子の団野村氏(62)、ケニー野村氏(60)、そして沙知代さんとの間に生まれた克則氏(46)と、4人の息子がいる。

本来であれば、兄弟4人で財産を均等に分ければすむ話だが、そう簡単には運びそうにないという。

 野村家親族の関係者が、内情を吐露する。

「じつは、野村さんの財産分与以前に、2017年12月に急死した沙知代さんの遺産分割で揉めていて、いまだに解決していないんです。  沙知代さんの財産は、夫である野村さんが2分の1、残りを団氏、ケニー氏、克則氏が3分の1ずつ相続する権利がありましたが、財産といっても、ほとんどが自宅などの不動産で、現金はそれほど多くなかったんです。  ところが団氏は、不動産を現物で取得する形での相続を望んでおらず、『不動産を売却して現金化したうえでの相続』を要求していると聞いています」  そもそも団氏は、沙知代さんの存命中から、不動産の売却を口にしていたという。

「それに対して克則氏は、『2人の思い出が詰まった家だし、“終の住処” にしてあげたい』と、反対したんです」(同前)  その言葉どおり、克則夫妻は、自分たちの家も敷地内に建て、半同居生活を送ってきた。

「克則氏にすれば、『2人の面倒を見てきたのは自分と妻の有紀子さんだ』という自負がある。あまり関わってこなかった団氏が、自分に都合のいい要求をすることが、我慢ならないのでしょう」(同前)  思い出のある家や土地を残したい克則氏と、現金化したい団氏――。

このようなケースの場合、どう対処したらいいのか。

相続問題に詳しい、木野綾子弁護士に聞いた。

「遺産分割で、どうしても現物の取得を望まないというのであれば、不動産ぶんを克則さんが取得して代償金を支払うか、第三者に不動産を売却して、その売却代金を分けることになります。  話し合いがつかなければ、家庭裁判所で遺産分割の調停を申し立て、それでも決着しない場合は、審判を仰ぐことになります。ここまで話がこじれると、決着するまでに2~3年はかかるでしょうね」  本誌が遺産相続問題について団氏・克則氏に問い合わせたところ、期日までに回答はなかった。

 この沙知代さんの相続問題が解決しても、野村さんの遺産相続が控えている。

今度は、野村さんと前妻との間に生まれた長男にも相続権があるわけで、兄弟4人による泥沼の相続問題に発展する恐れもあるのだ。

「親が急死した場合、相続で揉めるケースはかなり多い。だからこそ、元気なうちに遺言書を作っておくべきです」(木野弁護士)  息子たちの骨肉バトルを、野村さんは草葉の陰でボヤいているのか。

元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事