• 第1話から視聴率は9・9%、10・5%、10・2%、10・6%、9・6%、10・9%だった
  • ・・・
  • 第7話で、天堂浬の元恋人の妹・若林みおりが天堂に告白したことで、自分が天堂に釣り合うのかと不安な気持ちになった佐倉七瀬
  • ・・・
後で読む
女優上白石萌音(21)主演のTBS系ドラマ「恋はつづくよどこまでも」(火曜10時)の25日放送第7話の視聴率が、11・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが26日、分かった。

前回より1ポイントアップして、放送開始以来の最高を2週連続で更新した。

同ドラマは、漫画誌「プチコミック」(小学館)に連載されていた円城寺マキ氏の同名漫画が原作。

上白石演じる新米ナース・佐倉七瀬と、佐藤健(30)演じる超ドSなエリート医師・天堂浬との胸キュンラブストーリーが描かれる。

第1話から視聴率は9・9%、10・5%、10・2%、10・6%、9・6%、10・9%だった。

第7話で、天堂浬(佐藤健)の元恋人の妹・若林みおり(蓮佛美沙子)が天堂に告白したことで、自分が天堂に釣り合うのかと不安な気持ちになった佐倉七瀬(上白石萌音)。

みおりの告白を目撃し、不安な胸中を天堂や流子(香里奈)に打ち明ける。

そんな七瀬の気持ちをくみ取った流子は、天堂との遊園地デートを提案。

七瀬は初めての遊園地デートに心浮かれるが、追い打ちをかけるようにみおりから宣戦布告をされる。

一方、日浦総合病院には、七瀬とひょんな出会い方をした上条周志が、VIP待遇で特別室に入院してくる。

七瀬の純粋な姿に好感を抱いた上条は、七瀬を専属で看病するように指名。

さらに、天堂が七瀬の彼氏だと知ると、まるで天堂を挑発するかのような行動を次々と起こした。

2/26(水) 9:46配信日刊スポーツ 画像 火曜ドラマ「恋はつづくよどこまでも」プレミア試写会&舞台あいさつに臨む上白石萌音(左)と佐藤健(撮影・小沢裕)
元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事