• ニューレッドアロー号は初代レッドアロー号の後継車両として1994年に投入された
  • ・・・
  • 2011年には初代レッドアロー号の車両をイメージしたレッドアロークラシックも運行を開始
  • ・・・
  • 昨年3月に同区間で運行を始めた新型特急Laviewと合わせ、現在は3種類の特急が走っている
後で読む
 西武鉄道の池袋―西武秩父駅間で四半世紀以上走り続けてきた特急ニューレッドアロー号が3月13日で同区間の定期運行を終える。

翌14日のダイヤ改定に合わせた措置。

記念のヘッドマークを取り付けたレッドアロー号(1編成)が同区間で今月24日から走行するなど、フィナーレに向けて盛り上がりを見せている。

 ニューレッドアロー号は初代レッドアロー号の後継車両として1994年に投入された。

2011年には初代レッドアロー号の車両をイメージしたレッドアロークラシックも運行を開始。

昨年3月に同区間で運行を始めた新型特急Laview(ラビュー)と合わせ、現在は3種類の特急が走っている。

 今回のダイヤ改定で姿を消すのは、このうちニューレッドアロー号とレッドアロークラシック。

今後、同区間を走る特急はすべて、ラビューとなる。

2/26(水) 10:54配信朝日新聞デジタル 画像 ラストランのヘッドマークをつけた西武鉄道のニューレッドアロー号=2020年2月24日、埼玉県秩父市の西武秩父駅
元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事