• 血管の血流量の変化を感知して心拍数を測定する光学式センサー、方位や気圧、高度、温度を計測するセンサー、歩数や移動距離を測る加速度センサーの他、位置情報を取得するGPS機能を搭載している
  • ・・・
  • サイズは63.0×55.0×20.4mm、重さは約101g
  • ・・・
  • センサーなどで計測したデータを解析し、心拍数などを時計上に表示できる
後で読む
 カシオ計算機は2月26日、心拍計とGPS機能を搭載した「G-SHOCK」の新モデル「GBD-H1000」を4月24日に発売すると発表した。

フィット感と実用性を重視し、日ごろの健康チェックやトレーニングに適しているという。

実売予想価格は5万5000円(税込)。

 血管の血流量の変化を感知して心拍数を測定する光学式センサー、方位や気圧、高度、温度を計測するセンサー、歩数や移動距離を測る加速度センサーの他、位置情報を取得するGPS機能を搭載している。

サイズは63.0(奥行き)×55.0(幅)×20.4(高さ)mm、重さは約101g。

 専用のスマートフォンアプリとも連携。

センサーなどで計測したデータを解析し、心拍数などを時計上に表示できる。

専用アプリでは、消費カロリーや移動の軌跡といった計測データの管理も可能。

 カラーは、ブラック×ホワイト、オールブラック、レッド、ブラック×レッドの4色を用意する。

 本体は、運動中でもボタンを見ずに操作がしやすいベゼル、滑り止めを施した大型ボタン、手の甲のカーブを考慮したバックカバーやソフトウレタンバンドを採用。

USB充電の他、ソーラー充電に対応する。

ITmedia NEWS 2/26(水) 11:41配信ITmedia NEWS 画像 心拍計とGPS機能を搭載した新モデル「GBD-H1000」
元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事