• 衆議院予算委員会をめぐり、野党側は、新型コロナウイルスへの対応や東京高等検察庁の検事長の定年延長など審議すべき問題が山積しているとして、27日の新年度予算案の採決には応じられず、棚橋委員長の解任決議案の提出を検討する方針を確認しました
後で読む

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事