• 30本塁打に到達した生え抜き選手は、1986年の落合博満が三冠王になって以降出ておらず、未到達期間は阪神に次ぐ34年間だ
  • ・・・
  • 阪神もそうだが、ロッテも長距離砲は助っ人頼みなのだ
  • ・・・
  • 2005年に設立された楽天は、まだシーズン30本塁打を放った生え抜き選手は出ていない
後で読む
「生え抜きの和製大砲が出てこないチーム」に挙げられるのが阪神。

FAで加入した選手や助っ人外国人は好調だが、生え抜きの長距離砲がなかなか出てこない。

昨シーズンも、開幕から大山悠輔が四番を任されたが、シーズン14本塁打と長距離砲としては物足りない成績に終わった。

では、「30本以上放った生え抜き和製大砲」が最も長く出ていないチームは、やはり阪神なのだろうか? 阪神だけでなくあの球団も……  12球団の生え抜き選手が「シーズン30本塁打を放った最後の年」を以下にまとめてみた。

●セ・リーグ ・巨人 2019年=坂本勇人(40本)、岡本和真(31本) ・ヤクルト 2019年=村上宗隆(36本)、山田哲人(35本) ・DeNA 2018年=筒香嘉智(38本) ・広島 2018年=丸佳浩(39本)、鈴木誠也(30本) ・中日 2006年=福留孝介(31本) ・阪神 1985年=掛布雅之(40本)、岡田彰布(35本) ●パ・リーグ ・西武2019年=山川穂高(43本)、中村剛也(30本) ・ソフトバンク 2019年=松田宣浩(30本) ・オリックス 2017年=T-岡田(31本) ・日本ハム 2015年=中田翔(30本) ・ロッテ 1986年=落合博満(50本) ・楽天 創設(2005年)以来30本塁打達成者なし 最も長い期間、生え抜き選手が30本塁打を記録していないのは、やはり阪神だった。

1985年に掛布雅之が40本、岡田彰布が35本を打って以降、35年間生え抜き選手が30本塁打に到達していない。

1985年といえば伝説のバックスクリーン3連発(正確には掛布雅之の打球はバックスクリーン横の観客席に飛び込んでいる)が生まれ、 ランディ・バースが打撃タイトル五冠に輝き、チームも2リーグ制になってから初の日本一になった栄光の年。

そこから生え抜き選手が一度もシーズン30本塁打に達していないのだ。

2005年に今岡誠(現:今岡真訪)が29本塁打を打っているが、大山には今岡を超え、30本塁打以上の成績を期待したいところだ。

さて、そんな阪神を笑えないのがロッテ。

30本塁打に到達した生え抜き選手は、1986年の落合博満が三冠王になって以降出ておらず、未到達期間は阪神に次ぐ34年間だ。

落合以後の最高記録は、初芝清が1995年、1998年に記録した25本。

阪神もそうだが、ロッテも長距離砲は助っ人頼みなのだ。

2005年に設立された楽天は、まだシーズン30本塁打を放った生え抜き選手は出ていない。

これまでの生え抜き選手の最多本塁打数は、田中和基が2018年に記録した18本。

球団初の和製大砲の登場が待ち望まれる。

2/26(水) 11:01配信
元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事