• 昭和20年代にハンセン病の患者とされた男性が、隔離された「特別法廷」で死刑判決を受けた、いわゆる「菊池事件」をめぐって、男性の無実を訴える人たちが再審・裁判のやり直しを求めない検察の対応は違法だと訴えた裁判で、熊本地方裁判所は男性が裁かれた特別法廷はすべての国民が法の下に平等であることを定めた憲法に違反していたという判断を示しました
  • ・・・
  • 一方で、国に賠償を求める訴えについては退けました
後で読む

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事