• 県は二十五日、新型コロナウイルスの感染状況について、同日午前の段階で肺炎(COVID19)の発症者ら三十八人が県内で入院中だと発表した
  • ・・・
  • 感染者は三十六人で、感染疑いが二人…県内では同日午前までに十七人の感染が確認され、県内一、二例目の中国籍の男性二人は回復して既に退院
  • ・・・
  • そのほかの十五人は入院が続いている…クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の感染者を受け入れている藤田医科大岡崎医療センターから搬送された感染者十三人と、感染疑いの二人も県内で入院中
後で読む
 県は二十五日、新型コロナウイルスの感染状況について、同日午前の段階で肺炎(COVID19)の発症者ら三十八人が県内で入院中だと発表した。

感染者は三十六人で、感染疑いが二人。

大村秀章知事は同日の定例会見で「指定医療機関の病床は七十二あるので、まだ余地はある」としながらも、感染拡大の可能性を考慮し、 感染症に対応できる一般の医療機関とも受け入れを調整していると述べた。

県内では同日午前までに十七人の感染が確認され、県内一、二例目の中国籍の男性二人は回復して既に退院。

そのほかの十五人は入院が続いている。

クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の感染者を受け入れている藤田医科大岡崎医療センター(岡崎市)から搬送された感染者十三人と、感染疑いの二人も県内で入院中。

同クルーズ船の発症者のうち、県が船から直接受け入れた感染者七人と、その後感染が確認された同行者一人の計八人も入院している。

指定医療機関には三十三人、一般の医療機関には五人が振り分けられている。

また、県内でのイベントの開催について大村知事は 「一つ一つの会合の趣旨や対応をしっかり把握し検証して、感染拡大の防止という観点から万全の態勢でやっていただきたい」と述べ、 現時点では一律に自粛を求めることはしない考えを示した。

感染拡大で株価が急落するなど、経済への影響が広がっていることについては 「自動車をはじめ、製造業は中国での部品製造も含めてサプライチェーンをつくっている。相当大きな影響があると覚悟しながら、機動的に対処していく。 オールジャパンで対応していくことが不可欠だ」と強調した。

元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事