• このニコラス・ケイジ映画でニコラス・ケイジが演じるニコラス・ケイジは、クエンティン・タランティーノ監督の新作への出演を渇望し、また10代の娘との関係にも悩まされているという設定
  • ・・・
  • 既報によれば、本作ではニコラス・ケイジの代表作『リービング・ラスベガス』(1995)や『フェイス/オフ』(1997)、『60セカンズ』(2000)などからの「ニコラス・ケイジネタ」も見られると伝えられていた
  • ・・・
  • この度、ニコラス・ケイジはその詳細を明かしている
後で読む
俳優のニコラス・ケイジがニコラス・ケイジを演じるアクション・コメディ映画『The Unbearable Weight of Massive Talent(原題)』で、ニコラス・ケイジが過去の出演作に登場したニコラス・ケイジを再現することがわかった。

英Empireのインタビューにて、ニコラス・ケイジ自身が明らかにした。

このニコラス・ケイジ映画でニコラス・ケイジが演じるニコラス・ケイジは、クエンティン・タランティーノ監督の新作への出演を渇望し、また10代の娘との関係にも悩まされているという設定。

1990年代当時のニコラス・ケイジ自身に対して、くだらない映画に出過ぎてしまい、今はもうスターではなくなったと時折話しかける場面も描かれるという。

既報によれば、本作ではニコラス・ケイジの代表作『リービング・ラスベガス』(1995)や『フェイス/オフ』(1997)、『60セカンズ』(2000)などからの「ニコラス・ケイジネタ」も見られると伝えられていた。

この度、ニコラス・ケイジはその詳細を明かしている。

「僕は過去を振り返るのは好きじゃないんですが、どうもこの映画では避けられないようで。過去に出演した映画のシーンを再現しなくちゃいけないので、いくつかの作品を見直さなければいけないと思うんです。『コン・エアー』(1997)や『フェイス/オフ』を『カリガリ博士』(1920)風に演じる感じですね。」 ︎┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈ ※引用ここまで。

全文は下記よりご確認ください。

THE RIVER 2020.2.26 8:00
元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事